しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
チーロの歌
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チーロの歌

  • 絵本
文: アリ・バーク
絵: ローレン・ロング
訳: 管啓次郎
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月25日
ISBN: 9784861012655

270×290mm 42ページ

みどころ

小さなコウモリのぼうやチーロは、初めてひとりで湖まで行って帰ってくることになりました。でも、不安でいっぱい。夜の闇の中を、どうやって飛べばいいというのでしょう。

するとお母さんコウモリは、目を使わないで「感覚」を上手に使うことを教えてくれます。「感覚というのは、あなたが世界にむかってうたう歌のこと。そして世界がかえしてくれる歌のこと。あなたがうたえば、世界はかならずこたえてくれる。するとね、見えてくるの」
その言葉を胸に、チーロは外の世界にはばたきます。小さな声で歌をうたいながら……。

コウモリは、目で世界を見るのではなく、口から超音波を出して(歌をうたって)、それが周囲のものにあたって跳ね返ってくる音を聞いて、物や獲物の位置を知ることができるのだそうです。

絵本のカバーは、暗闇を飛ぶ小さくてあどけないチーロ。真っ黒なカバーに思えますが、よく見ると、何かが浮かび上がってきそうな予感のある、そんなもどかしい黒です。
そう、チーロはまさにそんな闇に、たったひとりで飛び出すのです。応援せずにはいられません。

闇の中、チーロが歌うことによって浮かび上がってくるのはどんな景色でしょう? 大きな樫の木、空を飛ぶわたり鳥の群れ、小さな虫たちのとぶ音……。雄大で、夜も決して止まることのない生き物たちの営みが繰り広げられます。よく見ると、ページの真っ黒に見える部分にも絵が。そんな発見にも胸が躍ります。

お母さんコウモリからチーロへの、愛情いっぱいの言葉を読んだとき、ハッと胸をうたれました。
新しいことを始めるとき、未知の世界へ一歩踏み出す時、私たちもチーロと同じように、先の見えない闇におびえ、不安になります。
でも、大丈夫。
あなたのうたう歌声にかえってくる歌が、きっとある。歌声が共鳴して、もっと大きな歌声になっていくかもしれません。
新しい挑戦にのぞむ背中を優しく押してくれる、勇気と温かさに満ちた絵本です。

(光森優子  編集者・ライター)

チーロの歌

出版社からの紹介

たったひとり、夜の世界に飛びたつ日をむかえた子どもこうもりのチーロ。 暗くて何も見えない森や海を、いったいどうやって飛び渡ればいいのか……不安なチーロに、こうもりかあさんが言った言葉とは?

めずらしい「こうもり」のお話です。子どもを新たな世界へ送り出す母と、自分の力で世界を切りひらいていく子どもの姿に、自己を投影するひとも多いのでは ないでしょうか。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アリ・バークさんのその他の作品

ルーンの魔法のことば − 妖精の国のルーン文字

ローレン・ロングさんのその他の作品

ちっちゃな木のおはなし / きみたちにおくるうた むすめたちへの手紙 / ちびっこ きかんしゃ だいじょうぶ / ピーボディ先生のりんご

管啓次郎さんのその他の作品

角川つばさ文庫 星の王子さま



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

チーロの歌

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット