ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あしってエラい!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしってエラい!

  • 絵本
文: 中川 ひろたか
絵: 大島 妙子
出版社: 保育社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年12月25日
ISBN: 9784586085255

A4変型判 246mm×213mm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「あしってエライ!」
運動会のかけっこで一番になったのも、サッカーでボールを蹴ることができるのも、みんなの前で踊れるのも、“あし”のおかげ。
きょねん生まれたぼくの弟。はじめは歩けなかったのに、手足をいっぱい動かして、そのうちはいはいして、イスにつかまってたっちして。とうとうお誕生日が過ぎた頃にひとりで立った!
すごいよ、あかちゃんって。すごいよね、あしって。

さあ、そこに突然登場するのは「みぎあしはかせ」と「ひだりあしはかせ」。
はだしでやってきて、動物たちの“あし”のことや、みんなの“あし”のはたらきを教えてくれます。
にんげんの“あし”って、他の動物に比べても結構大きいんだね。
たつ・あるく・はしる・およぐ・とぶ…
にんげんの“あし”には、本当に色々な役割があるんだね。

とにかく足の絵がたっくさん登場するこの絵本。
中川ひろたかさんが手がけている「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズの第4弾です。
今回中川さんとタッグを組んでいるのは、大島妙子さん。
あかちゃんのふわふわと柔らかな足の裏、子ども達の元気な足の裏、おばあちゃんのしっかりとした足の裏。大島さんの描く足の裏に惹きこまれてしまいます。足って表情も豊かなんですね。

特に足の骨が完成するのは10歳頃なのだとか。たくさん歩いたり、走ったりすることは、子どもたちの成長にもとっても大切なことなのだそうです。
改めて、自分の足で歩いたり、走ったりできる喜びを感じながら読んでみてくださいね。
そうしたら、一日の終わりに自然に出てくるのはこんな言葉。
「おつかれさまでした、ぼくの あし。」

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あしってエラい!

出版社からの紹介

運動会のかけっこでいちばんになった。この“あし”のおかげ。
――近年、子どもの足のトラブルが増加しているなか、
いつまでも自分の“あし”で歩いたり、走ったりできる“元気なあし”でありたいもので す。
たつ・あるく・はしる・およぐ・とぶ…
「あし」の役割や成長、活躍ぶりがわかる1冊です。

ベストレビュー

頑張る足

足って色々な形があって面白いです。犬や猫やウサギの足の肉球はかわいくて、ずっとぷにぷに触っていたいです。我が子の足もまだちいさくてやわらかくてもちもちしているので、触ると気持ちがいいのですが、くすぐったいようで嫌がります^^;でも、そんな時間も楽しくて、またやってしまいます(笑)
(morimoriさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

ともだちのやくそく / おとのさま、小学校にいく / あれ あれ だあれ? / ごはんのにおい / きょうふのおばけにんじん / おしりフリフリ

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / かたあしの母すずめ / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 空をけっとばせ / ビリンちゃんのもちがっせん / オニのサラリーマン



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

あしってエラい!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット