くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
私、ジョージア
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

私、ジョージア

  • 絵本
文・絵: ジャネット・ウィンター
訳: 長田 弘
出版社: みすず書房

本体価格: ¥1,800 +税

「私、ジョージア」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年11月
ISBN: 9784622047414

判型 B5

内容紹介

アメリカの女流画家ジョージア・オキーフの生涯を描き、彼女の生き方・色彩のよろこびを鮮やかに伝える。希有なアーティストの魂の秘密を見事にとらえた魅力的な絵本。

ベストレビュー

ジョージア・オキーフの伝記

今年の初めから伝記絵本について興味を持ち調べています。
伝記絵本についての論文を集めている中で出会ったのが、この『私、ジョージア』でした。

1887年生まれで98歳まで生きたというジョージア・オキーフという女性のことを私は知りませんでした。

12歳で自分は芸術家になるのだと決意し「わたしがしたことは、人のしないひとだった」と言い切ることのできた女性。

ジョージアの絵に向けた強くまっすぐな情熱がど場面からも感じられます。

98歳まで描き続ける中には困難や試練はあったのかもしれませんが、この絵本の中ではそれは触れられず、絵の道にひたすら没頭し続けたジョージアの生き方が伝わってきます。

信じたものを描きたいものをどこまでも追い続けた人生を思う時、静かな感動がありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ジャネット・ウィンターさんのその他の作品

マララとイクバル パキスタンのゆうかんな子どもたち / いつもみていた ゆめをかなえた女の子 ジェーン・グドール / ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし / ワンガリの平和の木 / ニューヨークのタカペールメール / ママ ほんとうにあったおはなし

長田 弘さんのその他の作品

帽子から電話です / 幼い子は微笑む /  / 最初の質問 / ジャーニー / いつでも星を



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

私、ジョージア

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット