庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふわふわ 白鳥たちの消えた冬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふわふわ 白鳥たちの消えた冬

  • 児童書
作: 中山 聖子
画: 尾崎眞吾
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月15日
ISBN: 9784834080292

小学中学年から
21X16cm 152ページ

出版社からの紹介

公園の湖に浮かぶ四百羽の白鳥は、いつも私たちの友だちだった。なのに、突然襲った鳥インフルエンザのため全頭殺処分が決定された。信じられない!なんとかならないの?

ベストレビュー

皆さん是非読んで考えて下さい

これは「かわいそうなぞう」に匹敵する悲しい実話です。

忘れもしない2011年2月6日の日曜日の夕方。私たち夫婦はモデルになった公園を散歩していました。キンクロハジロ1羽が鳥インフルエンザに感染して死んだことが判明したので、白鳥の湖の周りには石灰が撒かれていました。

「鳥インフルエンザが流行ったらどうするのかしら」
「白鳥たちを皆殺しにする訳はないよね」

なんとなく胸騒ぎがした私は白鳥の湖をケータイのカメラで撮影しました。それが最後の写真になろうとは!

私は白鳥がこの湖に来た時のことをよく覚えています。幼い私が白鳥と一緒に写った写真もあります。半世紀以上の思い出があっという間に消えてしまいました。

この事件は1ヶ月後に起こった東日本大震災の陰に隠れてしまいましたが、決して風化させてはならないと思います。

人間が動物を飼育する意義について改めて考えてみませんか。
(黙思亭不語さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

中山 聖子さんのその他の作品

べんり屋、寺岡の春。 / べんり屋、寺岡の冬。 / べんり屋、寺岡の秋。 / べんり屋、寺岡の夏。 / 春の海、スナメリの浜 / ツチノコ温泉へようこそ

尾崎眞吾さんのその他の作品

紙芝居 なぞなぞまおうをやっつけて! / 金子みすゞ・海とかもめ・ふるさと仙崎のうた[絵本]



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

ふわふわ 白鳥たちの消えた冬

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット