せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくとオペラハウス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとオペラハウス

  • 絵本
作・絵: アンドレア・ホイヤー
訳: 宮原峠子
出版社: 河合楽器製作所・出版事業部

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくとオペラハウス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784760945863

内容紹介

おじいちゃんに連れられて、はじめてオペラをみた僕。エンゲルベルト・フンパーディンクの“ヘンゼルとグレーテル”にすっかり感心してしまいます。次の日僕たちは、再びオペラハウスを訪れます。おじいちゃんはオペラハウスの舞台美術家でしたから、オペラハウスの隅々までよく知っています。舞台の裏側には何があり、どんな人々が、どんな仕事をしているのか、僕を案内して色々教えてくれました。1999ドイツ音楽出版賞受賞。

ベストレビュー

オペラの魅力

日本人にはあまりなじみのないオペラですが、演劇の裏側も共通するところが多いと思います。
子どもたちに身近に感じてもらえる本だと思います。

歌舞伎編をぜひ読んでみたいです。
読み比べをするのも楽しそうです。

ちょっと絵がごちゃごちゃしているように思えました。
色をすっきりさせると見やすくなりそうで残念です。
子どもが絵の隅々まで見る楽しさを知ると、想像力がつくようです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンドレア・ホイヤーさんのその他の作品

ぼくと楽器はくぶつかん / ぼくとオーケストラ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 心理(学) > ぼくとオペラハウス

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ぼくとオペラハウス

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット