新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ぼくとオペラハウス

ぼくとオペラハウス

  • 絵本
作・絵: アンドレア・ホイヤー
訳: 宮原峠子
出版社: 河合楽器製作所・出版事業部

税込価格: ¥1,540

「ぼくとオペラハウス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784760945863

内容紹介

おじいちゃんに連れられて、はじめてオペラをみた僕。エンゲルベルト・フンパーディンクの“ヘンゼルとグレーテル”にすっかり感心してしまいます。次の日僕たちは、再びオペラハウスを訪れます。おじいちゃんはオペラハウスの舞台美術家でしたから、オペラハウスの隅々までよく知っています。舞台の裏側には何があり、どんな人々が、どんな仕事をしているのか、僕を案内して色々教えてくれました。1999ドイツ音楽出版賞受賞。

ベストレビュー

オペラの魅力

日本人にはあまりなじみのないオペラですが、演劇の裏側も共通するところが多いと思います。
子どもたちに身近に感じてもらえる本だと思います。

歌舞伎編をぜひ読んでみたいです。
読み比べをするのも楽しそうです。

ちょっと絵がごちゃごちゃしているように思えました。
色をすっきりさせると見やすくなりそうで残念です。
子どもが絵の隅々まで見る楽しさを知ると、想像力がつくようです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,540円
990円
1,100円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
440円
880円
1,650円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ぼくとオペラハウス

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら