しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくが写真家になった理由 クジラに教えられたこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくが写真家になった理由 クジラに教えられたこと

  • 児童書
著: 水口 博也
出版社: シータス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784990292539

A5

内容紹介

尾びれを失ったクジラとふれあい、白鯨の赤ちゃんの子守役になる。「撮る」ことは「ともに生きる」こと…。著者がクジラを撮る写真家としてどんな経験をし、何を考え、どう撮影活動をしてきたかを綴る。

ベストレビュー

夢と一緒に生きる

『クジラと海とぼく』の続巻。
前作では、少年時代の夢を実現していく過程の話でしたが、いよいよクジラとともに生きるという生活に入りました。
シャチ、コクジラ、マッコウクジラ、作者の感動と息遣いが伝わってくる本です。
夢と生きられる素晴らしさとともに、水口さんは表に出ないところで一生懸命泳いでいる姿も想像できました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水口 博也さんのその他の作品

クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑 / クジラ・イルカのなぞ99 / クジラと海とぼく / ぼくら地球のなかまたち イルカ / ノチョとヘイリ / クジラ 大海をめぐる巨人を追って



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

ぼくが写真家になった理由 クジラに教えられたこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット