庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ

  • 児童書
作: マイケル・スコット
訳: 橋本恵
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

「アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784652200391

小学上級〜中学
A5判 576ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一万年の時をさかのぼったダヌー・タリス。次の王座は、ダークエルダーの手に渡るのか、あるいは、伝説の双子のものになるのか?『ひとつは世界を救い ひとつは世界を破滅させる』――その予言の真実が明かされるとき、ソフィーとジョシュは、ついに運命の選択をせまられる……。

●編集者コメント
2007年から刊行開始した「アルケミスト」シリーズ、ついに最終巻です。そのあいだに、ソフィーとジョシュが巻き込まれた時を駆けめぐる大冒険を考えると、これがたった8日間の出来事だとは、とても信じられないことでしょう。

ベストレビュー

正直長すぎます!!

アルケミスト・シリーズの最終巻6巻目になります。

初めの2冊目くらいまでは、色々な歴上の人物たちがそ入れまでにない役割で登場してくるのが面白くて上の子と一緒にガンガン読んでいましたが、登場人物が増えるにつれて、読み手としてはそこはわざわざページを割いて書かなくても、読み手に想像させておいて、そこを含ませた物語の進行をしてほしかったと思います。

ここまできたら、どうしても最後が気になったので、
「伝説の双子の言い伝え、ひとりは世界を救い、ひとりは破滅させる」って、いったいどういう事態になるのか、それだけが気がかりで必死に読んだ着た感があります!!

このシリーズをもし手にしてしまった方で、最後は気になるけど、この長い長い9日間の物語のラストが気になって仕方ない。という人は、
個人的にはこの6巻の最後の章と、翻訳者橋本さんの後書きを読むことをおススメします。
簡潔で分かりやすくて、なるほどこういうことを描きたかったのね〜。と、間らためて思いました。

テーマ的には面白い話ですが、作者が細かいところまで描きすぎる難があるので、このシリーズを読み終えるにはかなりの根性が必要です。((笑))

歴上の登場人物がかなり出演するお話なので、歴史やSFが好きな人にはお薦めできます。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・スコットさんのその他の作品

アルケミスト(5) 魔導師アブラハム / アルケミスト(4) 死霊術師ジョン・ディー / アルケミスト(3) 呪術師ペレネル / アルケミスト(2) 魔術師ニコロ・マキャベリ / アルケミスト(1) 錬金術師ニコラ・フラメル

橋本 恵さんのその他の作品

カーシア国3部作(3) ねらわれた王座 / 12分の1の冒険(4) 魔法の鍵の贈り物  / 魔法が消えていく…… / カーシア国三部作(2) 消えた王 / カーシア国三部作(1) 偽りの王子 / 12分の1の冒険(3) 海賊の銀貨



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット