だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おたまじゃくしの しょうがっこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おたまじゃくしの しょうがっこう

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「おたまじゃくしの しょうがっこう 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784032062908

26cm×21cm/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ロングセラー『おたまじゃくしの101ちゃん』の続きのお話。みんなは小学生になり、ことばやハイク、算数の勉強にはげみます。

おたまじゃくしの しょうがっこう

ベストレビュー

小学校の様子がおもしろい

「おたまじゃくしの101ちゃん」の続編です。
授業風景や学校に訪れたピンチなど、おたまじゃくしたちの小学校での様子が描かれています。
学校ごっこがすきなうちの娘は、授業の様子に興味をもったようです。俳句を作る授業があるのですが、自分も同じように俳句を作っていました。小学校に上がる前の子どもは小学校にあこがれがあると思うので、楽しめると思います。
最後におたまじゃくしたちにピンチが訪れますが、うまく切り抜けるので、爽快な気持ちで読み終えられます。
娘が自分で図書館で選びました。何回も何回も読んでいます。
かこさとしさんの作る物語は、変に媚びず、きれいに作らず、かこさんがおもしろいと思うものを直球で届けているんだなぁと思います(私が勝手に感じています)。それが子どもの心に届くんですね。もちろん大人が読んでもおもしろいです。
ちなみに前作をまだ読んでいないのですが、楽しめました。
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

かこ さとしさんのその他の作品

こどものとうひょうおとなのせんきょ / 世界の化学者12か月 / 出発進行! 里山トロッコ列車 / しろいやさしいぞうのはなし / かこさとし あそびずかん はるのまき / かこさとし あそびずかん ふゆのまき



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

おたまじゃくしの しょうがっこう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット