貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
クリスマスのおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスのおばけ

  • 絵本
作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月
ISBN: 9784591135976

2歳〜5歳
21cm x 21cm/27ページ

この作品が含まれるシリーズ

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>せなけいこ作品のグッズはこちら

みどころ

うれしい、うれしいクリスマス。だけど、おばけにとってはどうかしら?
子どもには素敵なクリスマスツリー。幼稚園ではおゆうぎ会よ。
サンタさんがきてくれてプレゼントだっていただけます。
おうちにかえれば、ケーキにサラダにローストチキン。
にこにこしながらねむるけど、おばけの子どもはどうなのかしら。
夜中に探しにきてみても、ケーキもごちそうものこっていない。
プレゼンをもらえなくて泣いているかもしれないでしょう。
じゃあおばけちゃんには、何をしてあげようか…?

女の子の、ひとりごとのような調子でお話がすすみます。
子どもたちって、実はおばけが大好きなんですよね。
クリスマスがたのしくてしかたない一方で、ふっと、さみしくしているかもしれない、おばけの子どもが気になりだす…。
そんな子どもの発想や言葉が愛らしく、すくないせりふでテンポよく展開していく絵本になっています。

さて、女の子が心配してじゅんびをした、おばけの子どものクリスマス。
いったいおばけは何をもらったのかしら?
くすっと笑える、さいごの絵をお楽しみに!
「いやだいやだの絵本」「めがねうさぎ」シリーズなどで独特のスタイルを確立するせなけいこさんの可愛いクリスマス絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

クリスマスのおばけ

ベストレビュー

ますます好きになりました

とても優しくて可愛い絵本です。
せなけいこさんの おばけシリーズは、絵もおはなしも面白くて、もともと好きなのですが
この絵本を読んで、ますます好きになりました。
自分が楽しい気持ちの時でも、誰かのことを思いやれるって素敵!
やさしい気持ちが、きっと育まれる絵本です。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

せな けいこさんのその他の作品

おばけいしゃ / はらぺこゆうれい / ばけものづかい / ゆうれいのたまご / くずかごおばけ / は・は・は



クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

クリスマスのおばけ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット