貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ふろしきでんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふろしきでんしゃ

  • 絵本
作: 山崎 克己
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月20日
ISBN: 9784776406389

3歳から
26×21cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

「ふろしきでんしゃ」って、いったい何なのでしょう。

色々想像をめぐらせながら絵本を開いてみると、やってきたのは唐草模様のふろしきをマントにしたおばあさん。
「きょうもがんばんべー、しゅっぽっぽー」
そう言って頭からすっぽりふろしきをかぶると・・・なんと「ふろしきでんしゃ」に変身した!
それはもうびっくり。
見ていたハルタくんも、ふろしきでんしゃに乗ろうとホームに走っていく。
すると、電車から降りてきた人たちが、
「あー楽しかった。畳のお部屋に素敵なお庭、大きなお風呂もあって最高」
なんて言っている。
だけど、ハルタくんが乗り込んでもどこにも見当たらない!?

最初の大変身からおばあさんには驚かされっぱなし!
予測のつかない展開の連続に、だんだんハルタくんの気持ちと重なってきます。
「いったいどうしたらそこに行けるんだー?」
ハルタくんとジタバタしているうちに、ハチャメチャな時間が過ぎていき、気がついたらすっかり一日は終わっていき・・・でもなんだか不思議とすっきりした気分。
うん、明日こそ。

山崎克己さんのナンセンス絵本、なかなか手強い内容になっています。
迫力の画面に、考える間もなくどんどん引き込まれていってしまいます。
もしかしたらこんなヘンテコな世界、本当にあるのかも?これは楽しい。
皆さんも是非一緒に振り回されてみてくださいね。
唐草模様の迷路も楽しめます。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

おばあさんが唐草模様のふろしきを頭からかぶったと思ったら「ふろしきでんしゃ」に変身。電車から降りてきた人たちはみんな、中には畳の部屋にすてきなお庭、大きなお風呂があるって言うんだけれど、探してみたってどこにも見当たらない。いったいどうしたらそこへいけるんだ…? ひょっとしたら僕たちがいつも過ごしている日常の隣に、ヘンテコな世界があったりして…。
見返しで2度遊べる唐草迷路付。

ベストレビュー

なんで?って考えないで

ふろしきでんしゃって一体何だろう?
その謎がこの絵本が終わるまでに解けるはずだと思いながら読んでいきましたが,最後まで読んでも謎のままでした.
おばあちゃん一人でふろしきでんしゃやってるのに足が3人分あるのも謎だし,ハルタくんだけがんばってもがんばっても大きなお風呂にたどり着かないのも不思議だし,とにかく謎がいっぱいの絵本でした.
読み終えて私は,この絵本を読んで抱いた謎がひとつも解決してなくて複雑な気持ちなのに,一緒に読んだ息子は純粋に面白かったようで「面白いね.また読んで」と言ってきました.
なんで?とか考えずに,奇想天外な出来事をただ楽しめばいいんですね.この本の楽しみ方は息子の方が知っていたようです.
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

山崎 克己さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園(28) 飼育小屋のさけび声 / 怪談オウマガドキ学園(26) 妖怪の出る時間 / 怪談オウマガドキ学園 (27) あけてはいけない道具箱 / 怪談オウマガドキ学園(25) 図書室は異次元空間 / 怪談オウマガドキ学園 (24) 火の玉ただよう消火訓練 / 怪談オウマガドキ学園 (23) 妖怪たちの職場見学



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

ふろしきでんしゃ

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット