宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
すごいサーカス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すごいサーカス

  • 絵本
作: 古内 ヨシ
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784871100915

32頁 257×210mm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ワニくんとタヌキくんの空中ブランコ。
すごすぎるワニくん、いたすぎるタヌキくん。

そして、ゾウくんの玉乗り。
サイくんのつなわたり。

愛嬌いっぱいのどうぶつたち。
予想をこえる すごすぎる結末。
パワフルでユーモラスな絵本の誕生です。

ベストレビュー

肩の力を抜いて

動物達がサーカスに出るのですが、なかなか無茶な試みに挑戦します。
ワニの火の輪くぐり…胴長いけど大丈夫?
ゾウの玉乗り…そこまでやるか!
最後の、ゴリラとカバの人間大砲は圧巻です。

よく見ると、動物達の表情が実に絶妙!
読み終わってからもう一度読み返すと、じわじわくる面白さ。
文章自体はシンプルで短文、絵はザックリしていますが可愛らしいです。

うちの子供達も、やっぱり人間大砲のシーンでニヤニヤ。
最後のラスト2ページで爆笑。
何回も読んであげていますが、読む方も苦になりません…楽しくて。

最初は幼稚園の読み聞かせの為に「5分かからず肩の力を抜いて聞いてもらえる本」を探していたのですが、これがママさん達にも大ウケ。
小学2年生にも学校で読み聞かせしてみたら、またまた大ウケでした。
読み聞かせのママさんの間では『隠れた名作』と絶賛されています。
(happychanceさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

古内 ヨシさんのその他の作品

きつねうどん たぬきうどん / へんてこレストラン / オナラせんせい / ウシくんにのって / ながーいでんしゃ / きょうはせつぶんふくはだれ?



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

すごいサーカス

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット