ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
サンゴのしまのポポ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンゴのしまのポポ

  • 絵本
作: 崎山 克彦
絵: 川上 越子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2013年09月01日

5歳〜6歳向き
20X27cm 32ページ
こどものとも 2013年9月号

出版社からの紹介

少年ポポは南の島で幸せに暮らしています。ところが親友ラモンが、悪い精霊オゴにとりつかれ、不思議な赤い網を使って島の周りの魚を乱獲しはじめます。ラモンを救いたいと願うポポの前に、ある日良い精霊のインカントが現れ、オゴを退治する方法を教えてくれます。フィリピンの島に伝わる精霊の存在に着想を得た創作物語。

ベストレビュー

海の掟を守って生きる   教えられます

ちいさな みなみの島に住む ポポは さかなや ウニや 貝をとってそれを家族と一緒に食べて生きています
おじいさんは 「うみのめぐみに かんしゃして いただくとしよう」とみんなに教えています
先人の知恵を 伝える
こうして 自然の中で生きていたのですが・・・
ある時 よその島からやってきた人たちが あかいアミをつかうとたくさんサカナが捕れるそうだと話していて それを友達の ラモンが聞いていて 実行するのです

なんと それから ラモンはひとが変わります

この島には 悪い精霊がいてそれにとりつかれたんです
先人のおじいさんの知恵で 「インカント」というよい精霊により
ラモンは元に戻るというおはなしですが・・・

この島に伝えられている 大切な掟です

 自然の掟 海の掟を破っている人間が 海を汚し サカナをたくさん捕獲して 海の生態系を壊していくのも 事実です

どちらの生き方がいいか  私たち人間が きちんと選ぶことだと思います
このお話は 私たちに 教えてくれています
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

川上 越子さんのその他の作品

ことろのばんば / そらまめと わらと すみ / きらきら ひりひり / どろんこあそび / やさい



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

サンゴのしまのポポ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット