ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
生きる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

生きる

  • 絵本

作品情報

発行日: 2013年09月01日

小学3年生から
25cmX19cm 40ページ
たくさんのふしぎ 2013年9月号

出版社からの紹介

「生きているということ いま生きているということ それはのどがかわくということ 木漏れ日がまぶしいということ……」 40年以上前につくられた詩「生きる」には、私たちの日常の様々な風景がつづられ、そのひとつひとつがまさに「生きる」ことなのだというメッセージがこめられています。その詩に誠実な画家が絵を描き、静かで力強い絵本ができました。

ベストレビュー

生きている今

退職された先生から、娘へのプレゼントに、送っていただいた本です。
谷川俊太郎さんの「生きる」という詩に、なつかしい昭和の風景を思い起こさせるような、ノスタルジックな絵が添えられ、1冊の絵本になりました。
6年生の国語の教科書にも載っているそうですが、私はこの詩を知りませんでした。

 昆虫など小さな生き物の命を大切にされる先生は、娘へのはがきにも、真っ先に、「表紙を開いたら、アブラゼミが出ていて、驚きました。」と記されていましたが、最初に読んだときは、言葉にばかり心が行き、風景の中のセミの上をすっと素通りしていました。
 2度目に読んだのは、その数日後、家で飼っていたカメが死んだ日のことでした。
命の終わりはこんなにもあっけないものなのか・・・。なんてはかない命なんだろう・・・。
たかが一匹のカメの死に、どうしようもないほど涙がとめどなくあふれ、テーブルに置いてあったこの本の「生きる」という文字に、思わず吸い寄せられるように手が伸びました。

 1度目に開いたときとは、まるで違って見える景色、そして、感じる空気。
公園の片隅で、じっとセミの死骸を見つめる少年。
この子以外には、誰もセミの死など気づいている人はいません。さっきまでは、木に止まり、声を限りに鳴いていたであろうセミ。
同様に、うちのカメが死んだことなど、世界中の誰も知らず、そのことで悲しむ人も困る人もいません。

 生きているということ
 いま生きているということ

命の重みがずっしりと手のひらに伝わってきます。3cmにも満たない小さな小さなカメの命が、こんなにも大きかったなんて・・・。
命がつきるということは、動かなくなること。硬くなること。ぬくもりがなくなるということ。

 学校から帰ってきた娘に、「生きる」ということを言葉でなく伝えたくて、木の下に埋めたカメを再び手のひらに載せました。
「そのままだね」と、娘は泣きながら、カメの指や顔や甲羅をやさしく撫で続けました。
 ほんの数時間前のことなのに、穴の中には、絵本のセミと同じように、すでに無数のアリが集まってきていました。それもまた「生きる」ということ。

 いっしょにたくさん泣いた後、たくさん食べて、たくさん笑いました。

 生きているということ
 いま生きているということ
 
 泣けるということ
 笑えるということ
 怒れるということ

生きていればこその愛おしい「いま」なんだなあ、と思います。
 夜、布団の中で、娘とこの本を読みながら感じた「あなたの手のぬくみ」・・・今こうして手と手を重ね合わせて感じ合える「ぬくみ」を大切にしたい、と心に強く思いました。


(ガーリャさん 40代・ママ 女の子9歳)

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

谷川 俊太郎さんのその他の作品

でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん

岡本 よしろうさんのその他の作品

100円たんけん / 七十二歳の卒業制作 / ぼくたちに翼があったころ コルチャック先生と107人の子どもたち / まちぼうけの生態学



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

生きる

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット