しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
世界のともだち(8) ケニア 大地をかけるアティエノ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界のともだち(8) ケニア 大地をかけるアティエノ

  • 児童書
文・写真: 桜木 奈央子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月07日
ISBN: 9784036480807

小学3・4年生から
25cm×22cm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


編集者インタビュー&トークショーレポート

出版社からの紹介

将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日

ケニア西部のビクトリア湖。湖の近くにアティエノが住んでいます。放課後は、牛の世話やまき拾い、家のお手伝いで大忙しです。

世界のともだち(8) ケニア 大地をかけるアティエノ

ベストレビュー

働き者でおてんば盛り

【内容】
ケニアの西、ビクトリア湖の近くに住む12歳の少女、アティエノ。4人の兄弟と父母と一緒に、毎日大忙しで暮らしています。もう大人の女性と同じように、家の仕事が一通りできて、早起きして学校に行き勉強もして、休み時間は友達といっぱい遊んで、日曜日はキリスト教の教会に行く。時々は都会にお買い物なんかにも行ってみる。そんな普段の暮らしを、美しい写真で紹介した絵本。
写真・文 桜木 奈央子

【感想】
自然が豊か、というのは、こういうことを言うのだと思った。家は土と藁でできているような感じで、その辺で鶏などが放し飼いになっている。湖で釣った魚は食卓にのぼるが、おかずがなくて豆の煮ものだけの日も多いという。市場では値段はあってないようなもので、めいめいに交渉しながら、おしゃべりを楽しみながら売り買いしている様子。人の手が幸せを作り出している様子が感じられる。
水道や電気があまり整備されていないけど、へっちゃら。知恵を出し合って、みんな家の仕事をどんどん手伝って、大きい子は小さい子の面倒をみるのが当たり前で、協力し合って暮らしている。これが普通の暮らしだというが、これって、今は日本では(特に市街地では)見られなくなった風景だと思う。みんな自分だけのスマホの世界に入ってて、「友達」といいつつも、本当の友達じゃなくて、ただ「イイね!」とか「既読」とかしないといじめられそうだからイライラしながら機械をいじくりまわして、中毒になってすぐキレる…私のまわりの日本人たちは、そんな感じに見えるけど、それって本当に「先進国」と言えるのだろうか?精神病の先進国じゃ、カッコ悪いね。
 もちろん、ケニアにだっていろいろな問題はあるはず。でも、人々がたくましく、生き生きと活動的に、協力し合って暮らしている。なんだか楽しそうだ。家族を、仲間を、普通に大切にできているのが、ものすごく贅沢に見えたのは、読み手の私が本当に貧しい心をもっているからだろう。ウガリを食べたら、元気になれるかな?
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

世界のともだち(8) ケニア 大地をかけるアティエノ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット