すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
2月のおはなし 鬼まつりの夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

2月のおはなし 鬼まつりの夜

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: はせがわ かこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月19日
ISBN: 9784062186995

A5判 79ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

毎月読みたい、季節にぴったりの童話たち――シリーズ「おはなし12か月」

現代を代表する一流童話作家の書きおろし。
物語の楽しさを味わいながら、日本の豊かな季節感にふれることができます。
上質なイラストもたっぷり。低学年から、ひとりで読めます。
巻末の「まめちしき」で、行事の背景についての知識が高まります。

それは節分の夜のことです。
空にはまあるいお月さまがのぼり、朝からふりつづいた雪のせいで、地面は白いきぬをはったようになめらかでした。
豆まきの声もやみ、町はもう、ねしずまっています。雪につつまれたしずかな町を、青白い月の光が、ゆめのようにかがやかせていました。
「鬼ごっこするもん、この指とまれ。鬼ごっこするもん、よっといで。」
どこかで、だれかが歌っています。ケイタは、ゆめの中で、その歌を聞いて目がさめました。
――<本文冒頭より>

節分の夜、呼びかけに引きよせられて指にとまったケイタは、「鬼ごっこ」をするはめに。
ちょっとふしぎで、すごくたのしい、とっておきの節分のおはなし!

ベストレビュー

豆まきは春の種まき

せつぶんのお話ということだったので、2月3日に読みました。
せつぶんの夜のこと。「おにはそと」と言われた鬼は、その日は闇の中から外へ出て、光の中で鬼まつりをするんだそうで。
「冬は外。春は内」「豆まきは春の種まき」というセリフもとても素敵だなと思いました。
巻末に2月の豆知識の解説話が載っていて、それもまた楽しかったです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / 天の川のラーメン屋 / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども

はせがわ かこさんのその他の作品

じゅんばんこ! / みんなをのせて バスのうんてんしさん / 102ひきのねずみ / 紙芝居 絵(え) からとびだしたネコ / どうぶつげんきにじゅういさん / はやおきふっくらパンやさん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

2月のおはなし 鬼まつりの夜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット