おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
わからん薬学事始(2)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わからん薬学事始(2)

  • 児童書
著者: まはら 三桃
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月18日
ISBN: 9784062182706

四六版 202ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

薬草学にささげるわが青春!!
万能薬の製法を求めて和漢学園での特訓にのぞむ草多(そうた)に、恋のときめきが訪れる?

坪田譲治文学賞作家が描く「“薬学”青春エンターテインメント」

薬の製造を唯一の産業とする島「久寿理島(くすりじま)」で、約400年間、女子直系一族だった木葉家に突然生まれた男子・草多は、15歳の春、その製法が女性のみに受け継がれてきた「気休め丸」を万人に効く薬へ改良するために、島の運命を背負って東京へと旅立った。
入学した和漢学園では、伝承薬をつくる特別クラスでの特訓をうけることになる。そんなある日、胆石症の牛の胆嚢からとれる漢方薬のゴオウを求めて、牧場へ行った草多だったが……。

薬学エンターテインメント小説第2弾。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まはら 三桃さんのその他の作品

ひかり生まれるところ / ぐるぐるの図書室 / おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ / 白をつなぐ / つくしちゃんとすぎなさん / なみだの穴



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

わからん薬学事始(2)

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット