しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
どーしたどーした
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どーしたどーした

  • 絵本
著者: 天童 荒太
絵: 荒井 良二
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月06日
ISBN: 9784087754148

B12取判/48ページ

出版社からの紹介

ゼンは元気のいい小学三年生の男の子。気になったら誰にでも「どーした」と声をかける。ある朝、ゼンは青黒い顔をした、同じ学年の少年ミツに出会うが…。名コンビが贈る現代へのメッセージ絵本。

ベストレビュー

じっくり読んで、じっくり考えて

私の苦手な荒井さんの絵だし
始めの方は
ちょっと私的には
「うんざりぎみ」の感じでした
文字多いし・・・

でも、天童さんの作だから
何かあるはず・・・

うぉ〜っ 重たい・・・
いきなり 展開がすごいことに

天童さんのあとがきでもありますが
確かに、絵は難しいと思われます
リアルだとリアル過ぎるし
荒井さんの絵だから
へたくそっぽくて(^^ゞ
子どもが描いた感じに見えて
重いテーマが、解決の方向に
明るくどたばたで
よく見えてくるのかも

これを小学生に読むには
こどもたちとの信頼関係築いてからでしょうか
学校の先生の方がいいのかな?
絵本の中の先生は、逃げ腰ですから(^^ゞ

子どもより
子育て中のパパママや
おせっかいおばさん達にいいかな?

考えさせられます
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


天童 荒太さんのその他の作品

悼む人

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

どーしたどーした

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット