だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より

作: ヴェルナ・アールデマ
絵: レオ・ディロン ダイアン・ディロン
訳: やぎた よしこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,553 +税

「ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

劇にしたい絵本!

アフリカといえば異国の地。というイメージがとっても強く、アフリカの民話ってどんなの??と思い手に取った絵本でした。息子も表紙のマサイ族がかぶっているお面に惹き込まれ、すぐに読んで!読んで!といっていました。

お話はマサイ族に伝わる民話をマサイ族が劇で演じていくお話なのですが、最後まで犯人が分からなくて、誰?誰??と思ったり、分かったときの面白さに噴出しちゃったり、最後まで飽きることなく読める絵本です。
少しボリュームがありましたが、年少児の息子でも最後まで楽しんで聞き入っていました。
ところどころにマサイ族の表現があって、その響きもまた素敵な味わいをだしています。

そして不思議なことに、この絵本は読んでいるとより、実際にその公演をみているような気がしちゃいます。
多分最初のページに、幕の前で観客が開演を待っているシーンが書かれているせいでしょうか。
だからこそ、この絵本を本当の劇でやったらどんなに面白いかと思いました。

(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ヴェルナ・アールデマさんのその他の作品

どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?

レオ・ディロンさんのその他の作品

ひみつの川

やぎた よしこさんのその他の作品

ビッグブック よかったね ネッドくん / よかったねネッドくん / ぬりえ絵本 ごちゃまぜカメレオン / 星どろぼう / ごちゃまぜカメレオン / 3びきのこねこ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット