もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より

作: ヴェルナ・アールデマ
絵: レオ・ディロン ダイアン・ディロン
訳: やぎた よしこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,553 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

劇にしたい絵本!

アフリカといえば異国の地。というイメージがとっても強く、アフリカの民話ってどんなの??と思い手に取った絵本でした。息子も表紙のマサイ族がかぶっているお面に惹き込まれ、すぐに読んで!読んで!といっていました。

お話はマサイ族に伝わる民話をマサイ族が劇で演じていくお話なのですが、最後まで犯人が分からなくて、誰?誰??と思ったり、分かったときの面白さに噴出しちゃったり、最後まで飽きることなく読める絵本です。
少しボリュームがありましたが、年少児の息子でも最後まで楽しんで聞き入っていました。
ところどころにマサイ族の表現があって、その響きもまた素敵な味わいをだしています。

そして不思議なことに、この絵本は読んでいるとより、実際にその公演をみているような気がしちゃいます。
多分最初のページに、幕の前で観客が開演を待っているシーンが書かれているせいでしょうか。
だからこそ、この絵本を本当の劇でやったらどんなに面白いかと思いました。

(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ヴェルナ・アールデマさんのその他の作品

どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?

レオ・ディロンさんのその他の作品

ひみつの川

やぎた よしこさんのその他の作品

ビッグブック よかったね ネッドくん / よかったねネッドくん / ぬりえ絵本 ごちゃまぜカメレオン / 星どろぼう / ごちゃまぜカメレオン / 3びきのこねこ



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット