ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
隣人。38度線の北
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

隣人。38度線の北

著: 初沢 亜利
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

「隣人。38度線の北」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784198635244

A4判変型

出版社からの紹介

今年10月は小泉純一郎首相(当時)が金正日総書記と日朝平壌宣言に調印したのが、2002年9月17日。それから10年を経たこの時、改めて問う、あの国をどう見ていくべきか。気鋭の写真家の世界的にも類を見ない、潜入撮影ではない堂々の撮影記録と、制裁一辺倒では日朝関係は前に進むことはないと喝破する超人気大学教授による新たな日朝関係論によって構成。
アートディレクションは日本が誇るタイポグラフィの達人・浅葉克己氏が担当。

ベストレビュー

ニュースとは違う

映画やニュースで見る北朝鮮とはまったくイメージが違う写真集です。
初沢さんはこの写真集を「日本の家庭で、寝る前に親子で絵本のようにページを捲れるものにしたい」と語られています。

北朝鮮で写真を撮ることは命がけです。まして地方での撮影の許可はなかなか下りないそうです。
初沢さんは、信頼関係を作るために努力されました。

まずは、写真を一枚一枚じっくりと見て、初沢さんの滞在記を読みながら写真を見ると、また違った目で見ることが出来ます。
「クロッシング」という映画を観てショックを受けましたが、平和に暮らしている人々もいるのだと分かりました。
しかし、飢えに苦しむ人々がいるというのも事実でしょう。

他国を知ることの大切さを改めて感じました。
滞在記は興味深い内容で、読み応えがありました。
中学生以上だと理解できると思います。

ただ、気になるのは案内人がその後無事でいるかどうかということです。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

隣人。38度線の北

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット