雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
つなみのえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つなみのえほん

文・絵: くどう まゆみ
出版社: 市井社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年05月
ISBN: 9784882081166

B5

内容紹介

にげて、なにももたずに。もっともっと高いところに。20団体で行われた「紙芝居」が感動の渦。宮城県三陸町で被災した著者が、ふるさとの豊かさと悲しみを忘れないで生きていくために描いたつなみの絵本。

ベストレビュー

五行詩、情景がよく見えます。

作者はどんな人だろうと、調べてしまいました。
ご実家の八幡神社の神職……、神主さんのか、巫女さんなのかまでは書かれていませんでしたが、ご自身のHPにはそう書いてありました。
五行歌もやっていらっしゃって、この絵本の出版社である《市井社》は五行歌の専門の出版社さんのようです。

この作品は文・絵ともご自身で書いていらして、当時体験した出来事や想いをすごく素直に描いていらっしゃるなぁと、思いました。

最初は気づきませんでしたが、
この作品は上段に普通の文章で、
下段には五行詩で、当時の思いを書かれてるんだと、作者のプロフィールを読んでから気づきました。
改めて読んでみると、その時心に感じたことや情景などが短い5行の中にしっかり描かれていて、
本文を書かなくても、1ページ1ページの絵にこの五行詩を載せるだけでも伝わるかもと、思ってしました。

一人読みで『津波』関係の絵本として読むのはいい本だと思いますが、読み聞かせ等に使うのは、ちょっと難しそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

つなみのえほん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット