ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
アフガニスタン勇気と笑顔
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アフガニスタン勇気と笑顔

  • 絵本
写真・文: 内堀 たけし
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アフガニスタン勇気と笑顔」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年02月
ISBN: 9784337099012

小学校中学年〜中学生
B5変型判44ページ

出版社からの紹介

今なお戦乱がつづいているアフガニスタン。しかし人びとは、さまざまな表情で生きています。その様子を写真で伝える絵本です。

ベストレビュー

家族のために働く子どもたち

写真絵本です。
長い時間内乱が続いたアフガニスタンでは、ほんの少しずつ復興に向けて動き始めているようです。
ページを開くと最初の見出しは「働く子どもたち」
そこにはこんな風に書かれています。

……働く子どもたちの姿をよく見かけます。朝から晩まで一日中働き、休日もないのです。たとえ仕事場の隣に学校ができたとしても誰一人学校へは通いません。子どもたちは何百キロもな離れた村や難民キャンプにいる家族の暮らしを支えているのです……。

重そうな荷物を持つ子、どう見ても123歳くらいなのに、路上で雑貨屋のような店の準備をしている子…、みんな笑顔で動いていました。
でも、その背景に写っている世界は破壊された建物、荒涼とした土地。そして銃を持った男の人。
机しかない青空の下での授業を受けている子ども達。
逆に黒板しかない汚い建物の中で、すし詰めのように集まって膝を抱え一心に先生の話を聞いている少女たち。

どの写真を見ても、心に詰まるものがありました。
所どころに、この写真を見た日本の子どもたちの感想が一言二言綴られていて、
自分たちの目に映った全く違う世界で生きている子どもたちのために、「何かしなくちゃ」と感じているのが伝わってきました。

難しいことは何も書いてありません。
働く子どもたち、勉強している子どもたちの姿はみんなキラキラしていました。
小学校高学年くらいの子どもたちから、ぜひ手にしてみてほしい1冊です。
他の関連書籍と一緒に中学2年生にブックトークしてきました。
中2の子どもたちは、とてもよく聞いてくれました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

内堀 タケシさんのその他の作品

ランドセルは海を越えて



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

アフガニスタン勇気と笑顔

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット