ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
タコのたこきちくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タコのたこきちくん

  • 絵本
文: 内田 麟太郎
絵: 西村 繁男
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年01月30日
ISBN: 9784097265320

3歳〜小学校低学年
AB判/32頁

みどころ

どこからどう見ても普通のタコの男の子(!?)のたこきちくん。
すやすやお昼寝をしていると、「どた、どた、どた。」
突然「たすけてくだされー。たこきちどのー。」と助けをもとめてやって来たのは、なんとひげづら暴れん坊の弁慶!
何事?考える間もなく、弁慶はふるえながらしがみついてくるのです。
「おたすけくだされ。おっかけてくるのじゃ。」
何に追いかけられているというのでしょう。
すると更に、みと・こうもんがやってきて助けをもとめ、大きなクマまで助けをもとめてやってきます。
みんなふるえながら、たこきちくんにしがみつくのです。
「たすけてーちょー。」
いったいぜんたい、どうなってるの?
あ、お姫様がやってきた時には、たこきちくんも悪い気はしていないみたいですけどね。
さて、とうとうやってきたのは、みんなが怖がっているあの・・・!?

最初から奇想天外な話で始まり、そのまま引き込まれていき、わけもわからず笑っていると、最後にはまたとんでもない展開が待っていて。
有無を言わさぬこの独特な間。
不思議な組み合わせの登場人物たち、そしてたこきちくんの存在感。
想像つくような、つかないような、でも何だかはっぴーな終わり方。
これはもう、名コンビ内田麟太郎さん&西村繁男さんだからこそ出来上がる空気感なのでしょうか。
嬉しくなっちゃうくらい、へんてこな絵本ですよ!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

タコのたこきちくん

出版社からの紹介

たこきちくんがのんきに浜辺で昼寝をしていると、突然こわもての弁慶がやってきて「おれを助けろ!」と威張っている。たこきちくんが断ると、弁慶は泣きそうになって「助けてくだされ〜」とたこきちくんにすがりつく。それからつぎつぎと、黄門さん、大きな熊がやってきて、みんながたこきちくんに助けを求める。どうなっているの、ぼくにどうしろというの、戸惑うたこきちくん。そこへ、きれいなお姫様が「たこきち様、どうぞお助けください」とやってきた。がぜんやる気を出すたこきちくん。すると、山の向こうから「うおお〜ん」というもの凄い声が!「わ〜ギギラだ」みんなはぶるぶる震えだし、たこきちくんにしがみついた。そうしてみんな一斉に「たこたこあがれ〜てんまであがれ〜」と歌い出したのだ。すると・・・

ベストレビュー

そういうことか!

お正月らしい絵本が読みたいと思っていた時に見つけた絵本です。内田麟太郎さんと西村繁男さんのコンビは、『がたごとがたごと』などたのしい絵本がたくさんあるので期待して読みました。
浜辺で昼寝をしていたたこきちくんのところに、弁慶や黄門さん、お姫さまたちが次々と「助けて!」とやってきます。みんな恐ろしいものから逃れてきたみたいだけど、なんでこの弱そうなたこきちくんに頼るのかしら?と不思議に思っていたら・・・そういうことか!
オチが分かってからもう一度見返して読むと、どのページにもちゃんとヒントが空に浮かんでいました。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

とろ とっと  / 大どろぼう ジャム・パン かげのない町 / 紙芝居 しくしくブタはわらうかな / とびますよ / うまはかける / なくのかな

西村 繁男さんのその他の作品

あやしい妖怪はかせ / バスていよいしょ / ことばさがし絵本 あからん / おばけもこわがるおばけ / むらの英雄 / びんぼうがみじゃ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

タコのたこきちくん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット