もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ルイのうちゅうりょこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルイのうちゅうりょこう

  • 絵本
作: エズラ・ジャック・キーツ
訳: 田村 恵子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ルイのうちゅうりょこう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月03日
ISBN: 9784033285900

3・4才から
21cm×24cm 33ページ

みどころ

古道具をあつめたお店を営むとうさんを、ともだちに「がらくたおやじ」とからかわれた、ルイ。
「わかっちゃいないな。そのきになれば、ここにあるもので、うちゅうにだっていけるんだぞ」ととうさんはいいます。
ルイは、宇宙船<ルイ1ごう>を作って、ぼうけんの旅にでることにしました。
ともだちがばかにするなかで、スージーだけは本気で「つれていって!」といいます。
ルイとスージーは、ついに宇宙へとびだしました。あとをおいかけてくるのは、ルイをばかにしていたはずの、ジギーとルーシー。
つぎつぎに近づいてくる隕石(絵本のなかでは「かいぶつ」と呼ばれていますが、おそらく)をくぐってよけて、うえやしたにいったり、さかさになったり。ルイたち4人は、ロープでつながれたふたつの宇宙船で、大立ち回り。

『ゆきのひ』や『ピーターのいす』など子どもの目線で世界をとらえたうつくしい絵本を描き、コルデコット賞を受賞しているエズラ・ジャック・キーツの作品。
独特のコラージュ絵は、質感がちがう素材や色の組み合わせで、不思議な雰囲気を生み出しています。
ニューヨークのブルックリン生まれの作者らしく、本書でも、いろんな人種の子どもたちが想像世界を共有し、下町の大人に見守られながらわいわい遊ぶ空気が伝わってきます。
リアルで夢いっぱいの宇宙空間に、読んでいるわたしたちもドキドキ。
さあ、みんなもルイといっしょに、宇宙へぼうけんの旅にでよう!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ルイのうちゅうりょこう

出版社からの紹介

宇宙船に乗り、冒険に出発!

ルイとスージーは古道具でつくった宇宙船に乗り、冒険に出発! イメージを共有して遊ぶ子どもたちを愛情たっぶりにえがく絵本。

ベストレビュー

美しい絵に釘付け

3歳なりたての息子に図書館で借りました。
表紙の絵に惹かれたのと、最近、息子がロケット好きなので。

ルイと友達が宇宙旅行に行く(空想の中)ストーリー。
とっても夢のある話です。
子どものやりとりが、本当にありそうで面白かった。
そして、特筆すべきは、宇宙の絵の表現!
なんだか不思議な気分になります。

息子も楽しかったようで、何度も読んで、と持ってきました。

キーツさんのほかの絵本も読んでみることにします。
(トゥリーハウスさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エズラ・ジャック・キーツさんのその他の作品

きみも こねこなの? / ぼくのいぬがまいごです! / E.J.キーツの俳句絵本 春の日や庭に雀の砂あひて / ゆめ / ルイのひこうき / アパート3号室



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

ルイのうちゅうりょこう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット