しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
シニとわたしのいた二階
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シニとわたしのいた二階

  • 児童書
作: ヨハンナ・ライス
訳: 前川 純子
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「シニとわたしのいた二階」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年12月
ISBN: 9784572004314

A5

ベストレビュー

第二次世界大戦中のオランダで

第二次世界大戦中、オランダの農家にかくまわれていたユダヤ人姉妹の物語です。

つい最近スウェーデンに逃れていたユダヤ人姉妹の物語『海の島』を読んだばかりだったので、比較しながら読んでいました。

当時中立国だったスウェーデンではドイツの侵攻はなくそれでも海への機雷はあり、食料は配給制であったこと、一方ドイツの隣国であるオランダでは空爆があり、ドイツ軍の侵攻はありやはり食料は配給制でした。

ただ、スウェーデンに逃れた姉妹には学校へ行くこともでき、自由に歩くことができたこと。『シニとわたしのいた二階』ではアンネのように隠し部屋で息をひそめて過ごす姉妹の様子が描かれています。

戦時下であっても明るい農家の生活や、家族のやりとりは戦争であることを一瞬忘れてしまうほどですが、それでもドイツ軍が階下までやってくる緊張感は戦争の厳しさを感じさせました。

戦争を語り継ぐこと、戦争を経験した人が亡くなっていく今だからこそ、物語を通して私たちも考えたいことだと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

出版社おすすめ




大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

シニとわたしのいた二階

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット