ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ファンタジーが生まれるとき-『魔女の宅急便』とわたし-
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンタジーが生まれるとき-『魔女の宅急便』とわたし-

  • 児童書
著: 角野 栄子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥740 +税

「ファンタジーが生まれるとき-『魔女の宅急便』とわたし-」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月21日
ISBN: 9784005004928

新書判・並製・208頁

出版社からの紹介

「想像力」,それは人であればだれでも持っている魔法だ.ご存じ『魔女の宅急便』の作者が,幼いころからの体験と重ねながら,みずからの童話作家としての歩みと創作のひみつを語ります.水平線という一本の線の魔法,主人公の名前のちから,物語のとびらが開く瞬間のこと…….あなたのすぐ隣にある不思議に気づかせてくれます.

ベストレビュー

色々読んでみたくなりました♪

「あ。これ、魔女の宅急便の人だ〜」と
なんとなく図書館の本棚から手に取った1冊だったのですが。

読み進むうちに、
幼い頃から今に至るまでの
角野栄子さんの数々のエピソードの中に
私もすっかり入りこんでしまい、
その時々の「栄子ちゃん」または「栄子さん」のすぐ隣で
私まで一緒にドキドキしたり、ワクワクしたり、泣きそうになったりしているような
そんな気持ちのままあっと言う間に読み終わりました。

題名から、
『作家としての物語の練り上げ方』とかそういった
ちょっとお堅いことが書かれているのかな?なんて想像していたのですが
内容はもっとずっと親しみやすく、読みやすかったです。
しかし“想像力”を働かせることの素晴らしさは
しっかりと伝わってきました。

実は私はまだ『魔女の宅急便』を一度も読んだことがないのです。
でもこの本を読んだら、やっぱりキキに(本の中でではありますが)会ってみたくなりました。それから、それ以外の角野栄子さんの作品も、もっとたくさん色々と読んでみたくなりました。

************************

岩波ジュニア新書は今までに何冊か読んでいますが
今回たまたま初めて
本の最後のページの『岩波ジュニア新書の発足に際して』という欄を読みました。
そして(1979年とありますので)40年近くも前の大人たちからの
今の若者たちへの力強いメッセージに感動しました。
岩波ジュニア新書を手に取る機会があったら
ぜひとも最終ページのこの欄も、読んでみて欲しいです。
(R☆さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

角野 栄子さんのその他の作品

魔女の宅急便 特別編 キキに出会った人びと / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / ねむりひめ / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 角野栄子さんと子どもの本の話をしよう / トンネルの森 1945



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ファンタジーが生まれるとき-『魔女の宅急便』とわたし-

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット