ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
だっこだっことかってかって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だっこだっことかってかって

  • 絵本
作・絵: 黒井 健
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥301 +税

「だっこだっことかってかって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年08月
ISBN: 9784091161079

小B6

ベストレビュー

あきるほどよみました

 母親がなんどもなんども娘にせがまれて読んでいました。中閉じ糸がほつれています。安価で小さなえほんですが、だっこだっこの響きと、かってかっての響きが何とも魔法の言葉のように娘には聞こえたのでしょう。
 黒井健のねこの親子が微笑ましい。抱いてとせがむこどもと、家事に忙しい母親のたわいないすれ違いと、新しい人形をせがんで駄々をこねるの2本立て。こどもにとってはどちらも成功しない話なのに、不思議ですね。
 娘は今でも一番思い出深いえほん、と言っています。感謝です。

(もゆらさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

だっこだっことかってかって

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット