おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
だっこだっことかってかって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だっこだっことかってかって

  • 絵本
作・絵: 黒井 健
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥301 +税

「だっこだっことかってかって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年08月
ISBN: 9784091161079

小B6

ベストレビュー

あきるほどよみました

 母親がなんどもなんども娘にせがまれて読んでいました。中閉じ糸がほつれています。安価で小さなえほんですが、だっこだっこの響きと、かってかっての響きが何とも魔法の言葉のように娘には聞こえたのでしょう。
 黒井健のねこの親子が微笑ましい。抱いてとせがむこどもと、家事に忙しい母親のたわいないすれ違いと、新しい人形をせがんで駄々をこねるの2本立て。こどもにとってはどちらも成功しない話なのに、不思議ですね。
 娘は今でも一番思い出深いえほん、と言っています。感謝です。

(もゆらさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道



困っているぼくのところに本物の神様が!

だっこだっことかってかって

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット