貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
さいごのぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さいごのぞう

  • 絵本
絵・文: 井上 奈奈
出版社: キーステージ21

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月
ISBN: 9784904933022

A4変

関連するスペシャルコンテンツ


井上奈奈さんにインタビューしました!

内容紹介

昔、「ぞう」という動物がいた…。「さいごのぞう」はどこへ向かうのか。「ぞう」のかなしみによりそう絵本。絶滅の危機にある野生のゾウ。地球からゾウたちが消え去らないよう、何ができるのかを考えさせられる1冊。

ベストレビュー

ゾウ達のためにできることは…?

とても幻想的で個性的な画力をお持ちの方だと思いました。
発想も面白かったです。ただとても淋しい・悲しいお話でした。
「ゾウ」が実際に絶滅の危機に瀕している。という事を最後の解説のページで知ることができます。

子どもたちにとって、ゾウは≪動物園≫に行けばみられるもの。という認識があるかもしれません。
でも、それももしかしたら近い未来に難しくなってしまうかもしれません。
一人一人の力は小さいですが、この絵本を読んで、ゾウのことを知り、彼らのために何ができるか考えられる人間が一人でも増えればいなぁと思いました。

ただ、残念ながらこの絵本はあまり読み聞かせ向きではありません。遠目も利きづらいですし、文字の部分が絵を邪魔しないように工夫されているのか白抜きの部分が多くて読みにくいところが多いです。
できればブックトークなどで消化して、子どもたち自身の手で読んでもらえるといいなと思います
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 奈奈さんのその他の作品

ちょうちょうなんなん / くままでのおさらい ハンディ版 / ウラオモテヤマネコ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

さいごのぞう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット