もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くしカツさんちはまんいんです
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くしカツさんちはまんいんです

  • 絵本
作・文: 岡田 よしたか
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784569783598

幼年から
B5判変型上製

みどころ

串を使った美味しいものはこの世にたくさんあるけれど、それらがみんな同じ串にささっていたら?!

「きみら、はよ じぶんの くし さがしや。
 きゅうくつで かなわん。 わし、はよ、タテに なりたいんや」

そう関西弁で話すのは自分の体(カツ)を横にさして、その上にみんなをのっけてるくしカツさん。
そのみんなって一体だあれ?
一番上にのっかってるのは、甘いたれがベトベトたれてみんなからうっとうしがられてる「みたらしくん」。
二番目にのっかってる二人組みは、やきとりの鶏肉と喧嘩した「ねぎくん」たち。
三番目にのっかってる長い白いのは、秋田名物きりたんぽの「たんぽくん」。
なんだか、みんな見るからにわけありです。
そうはいっても、面倒見のいい「くしカツさん」だって
いつまでも自分の串にみんなをさしているわけにはいきません。
ですから、それぞれの串をさがしに出かけることになりました。
さてさて、この珍道中一体何が待っている?

この絵本の魅力はなんといっても全編を通してやりとりされる漫才のような「くしカツ」さんたちの会話。
ユーモアたっぷりのお話と関西弁がたまらなくぴったり。特徴的な食べ物たちのほんわかした会話になんとも癒されます。それぞれの串との別れの場面やみたらしだんごをのせたくしカツさんが歩く後姿がせつない夕暮れの場面など、情緒溢れる岡田よしたかさんの絵の魅力もたまりません。

子どもたちはどんな反応するのかな。一人でじっくりとナンセンスワールドを堪能するのもよし、
みんなに読み聞かせしても楽しい一冊です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

くしカツさんちはまんいんです

出版社からの紹介

くしカツさんの串には、なぜか一緒にネギやら、みたらしだんごやら、きりたんぽ鍋のたんぽやら……。「きみら、はよ自分の串さがしや。きゅうくつでたまらん」くしカツさんは、早く縦になりたいので、みんなの串をさがしに行くことにしました。

みたらしくんは、隣のだんごにベタベタするから嫌だといわれ、ネギくんは隣の鶏肉とケンカをして、たんぽくんは火であぶられていたら、熱くて飛び出してしまったようです。

串をさがしていると、お箸やまち針などにであいますが、どれもみんなの串ではありません。途中、黒猫がネギのない焼き鳥を狙っているところに遭遇しました。すると、くしカツさんの串にささっていたネギくんが黒猫に襲い掛かり、焼き鳥を助けたのです。やっとネギくんと焼き鳥が仲直りをしましたが、まだくしカツさんの串には、だんごとたんぽがささっていて……。

ベストレビュー

言い負かされないみたらしくん

大阪弁なのか、はたまた関西弁と大きく括ったほうが良いのか分かりませんが
ほんわかぱっぱな言葉のマジックにかかっちゃう感じで
終始にんまりしながら読ませていただきました。

読み進めていくうちに、串と離ればなれになってしまったきりたんぽ、
焼き鳥の葱、みたらし団子達を元の居場所に送り届ける串かつが
人情味溢れる大阪のおじちゃんに思えてきます。
セリフの掛け合いや悪者(?)の猫が登場しあっけなくやられてしまうくだりも
新喜劇風で面白いです。
喰いだおれの街、お笑いの聖地が舞台なのは間違いないでしょう。

私がとくに心ひかれたのは、みんなにべとべとのたれを嫌がられるみたらしくんのキャラクター。
何を言われてもきっちりさらりと言い返す、
言い負かされないところがいいなぁなんて思いました。
(西の魔女さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 よしたかさんのその他の作品

たのしいひっこし / ぼくらはうまいもんフライヤーズ / ぼくは いったい なんやねん / はずかしがりやの バナナくん / そらとぶてっぱん / いっしょにあそばへん?



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

くしカツさんちはまんいんです

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット