貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
鬼と行者さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鬼と行者さま

  • 絵本
著者: 総本山金峯山寺
画: 松田 大児
出版社: コミニケ出版

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「鬼と行者さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月03日
ISBN: 9784903841106

出版社からの紹介

むかし、むかし、あるところに小角というひじょうに立派な青年がいました。小角はどうすれば、みんながもっと幸せに暮らせるのかを考えました。そして答えをみつけました。「正しく、そして厳しい仏さまがいらっしゃれば、みんなを救ってくださるにちがいない」そこで金峯山寺で仏さまに祈りをささげることにし……。 

奈良県吉野にある金峯山寺の仏教絵本シリーズ第1弾! 肌は青黒く、かみの毛は逆立ち、目は怒りに燃え、牙まで生えてる、こわーい顔をした蔵王権現が金峰山寺にいらっしゃるまでのお話を絵本にしました! どんなに厳しく、難しいことでも打ち破る力の現れが、この怖いお顔の理由です。これからたくさんの困難と戦っていく、子どもたちにぜひ読んであげたい1冊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

松田 大児さんのその他の作品

山中七策



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

鬼と行者さま

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット