大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
きのしたまさるパン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きのしたまさるパン

  • 絵本
作・絵: 飯森 ミホ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月07日
ISBN: 9784893259905

25.2X22.0cm 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


絵本にちなんだおいしいレシピ グランプリ発表!

みどころ

まさるくんが友達と歩いていると、「きのしたまさるパン」という看板がありました。
「ねえ、みて! ぼくのなまえがかいてあるよ。」
看板をたどり細い道を入ると、そこにはパンやさんが。
なんと「きのしたまさるパン」とじぶんの名前がかかれた顔のパンがならんでいます。

まさるくんは何となくおもしろくありません。だって、ぼくの名前のパンなのに、こわそうだし、中はチョコじゃなくてあんこだし・・・。お客さんがいないなんて、なんだかじぶんが人気がないみたい。
お店のおばあさんに「かおはもっとかわいいほうがいいとおもいます」と意見したまさるくん。
「それじゃあ、どんなパンがいいのかつくってみてよ」と言われ、まさるくんはパンをつくることに。
できたパンはふくらみすぎてちょっと大きい。頭にかぶれちゃうくらい。
「おめんパン」をかぶって街に出たまさるくんは・・・?

名前のついた商品って、見つけるとたしかに気になる。しかもそれがフルネームで自分の名前とまったくいっしょだったら!? 顔の形だったら!? 気になってそわそわしちゃいますよね。
作者の飯森ミホさんの、すもうファンのお姉さんが国技館で買ってきた「しょうのすけもなか」を、飯森さんがてっきり「きむらしょうのすけもなか」だと勘違いしたことから生まれたユニークなお話。
パン好きな子にぜひどうぞ。最後にはちょっぴり心あたたまるオチがまっていますよ。
みんなは、じぶんの名前と顔のパン、食べてみたい!って思うかな?

(大和田佳世  絵本ナビライター)

きのしたまさるパン

出版社からの紹介

<不思議な名前のパン屋さんの秘密とは……!?>
きのしたまさるパン、それは、怖い顔をしたパンを売っているパン屋さん。どうしてそんなパンを売っているのでしょう。
自分と同じ名前のパン屋さんをみつけた、きのしたまさる君は、気になって店をのぞいてみるのですが、いつ行っても、怖い顔のパンを買うお客さんなんかいません。心配するまさる君に、パン屋のおばあさんは、新しいパンを作るように頼みました。焼くとふくらむことを知らなかったまさる君が作ったパンは、人の顔よりも大きなパン。まさる君は、そのパンをお面にして売り込みに繰り出したり、友達と新しいお面パンを作ったりと大奮闘!!

ベストレビュー

変なパンがいっぱい

「へんてこパンやさん」を借りたので、別作者のこちら、
「きのしたまさるパン」もついでに借りてみました。

表紙はあんまり可愛いって感じじゃないけれど、
「きのしたまさるパン」というのぼりを持ったっ変な子供と
ふしぎな人達がいっぱい。

表紙からは全然内容が想像できません。どんなのなんだろう??

まさる君が友達のよし君とじゅん君と道を歩いていると、
電柱に「きのしたまさるパン」と自分の名前をみつけました。
気になって行ってみると…店にはおばあさんが一人。
覆面レスラーみたいな変な顔のパンが売られています。

おばあさんに「どうしてぼくの名前のパンを売っているの?」と聞くと
びっくりしながら、1つくれます。
顔は怖いし、アンパンだしって不満を言う友達に、
まさるくんは傷つき、パン屋を他人とは思えなくなってきます。

おばあさんに「もっとこうしたら」というと、「作ってごらん」。
こうして、まさる君はパン屋に一生懸命になっていきます。

ワクワクドキドキ!という展開ではなくて、
ど、どうなるんだろうって心配になっちゃうような展開で進みます。
最後は、あぁよかった!で終わるのでご心配なく。

パン話を探してて〜なら、コレもいいですよ♪
(わにぼうさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


飯森 ミホさんのその他の作品

みんなおかえり



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

きのしたまさるパン

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット