INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
あの森へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あの森へ

作・絵: クレア・A・ニヴォラ
訳: 柳田邦男
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784566007901

幼児〜

出版社からの紹介

村はずれにある、暗くてぶきみな森が、ぼくはいつもこわかった。ある日ぼくは決心した。森のほんとうの姿をたしかめよう! ぼくは、ひとりででかけた…。勇気をふりしぼって不安をのりこえ、未知の世界へふみこんだネズミくんが得たものは?

ベストレビュー

卒業の前に。

「森は本当に怖いところなのか」を知るために
森に行ったネズミの話です。
「行く」と決めて出発する前に
振り返って部屋を見回す場面は
安全なこの場所から 危険かもしれない森に行く
「覚悟」みたいなものを感じます
怖さを克服して 森にたどり着いたネズミは
森の本当の姿を知ります。

6年生に読む本を探していて出合いました。
慣れ親しんだ小学校を卒業する6年生に
餞として読んであげたいお話でした。
不安や恐怖に立ち向かい
自分の力で克服してこそ
自信や達成感も得ることができるし
みんなそうやって成長していくものだ
…そんなメッセージが聞こえてくるようでもありました。
(西の魔女さん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クレア・A・ニヴォラさんのその他の作品

世界のまんなかの島 〜わたしのオラーニ〜 / いのちあふれる海へ 海洋学者シルビア アール / その手に1本の苗木をーマータイさんのものがたりー

柳田邦男さんのその他の作品

人生の1冊の絵本 / 自分を見つめる もうひとりの自分 / ぞうさん、どこにいるの? / 100年インタビュー 悲しみは真の人生の始まり / 悲しみの涙は明日を生きる道しるべ / 夏の日の思い出は心のゆりかご



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

あの森へ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット