ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
だいおういかのいかたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいおういかのいかたろう

  • 絵本
作・絵: ザ・キャビンカンパニー
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月12日
ISBN: 9784790252757

4歳から
26.3×21.3mm/28ページ

みどころ

寒い寒い冬の日、園に向かうゆめたくんは、
「おーい、おーい」と呼ぶ声を聞きました。
声を頼りに湖まで行くと、そこにいたのは
とっても大きなダイオウイカのイカタロウ。

ダンスが大好きなイカタロウは、夢中になって踊るうちに
海から湖まで流されて、そこで凍ってしまったのだそう。
「こおりを とかして くれなイカ?」
イカタロウのお願いを聞いて、ゆめたくんは一生懸命考えます。

「ぼく、せんせいを よんでくるよ」
「そりゃ、イカした かんがえだ!」

ゆめたくんから話を聞いた先生は、
お湯を沸かせた大きなポットで氷をとかそうと提案します。
ゆめたくんは無事、イカタロウを救うことができるのでしょうか…?

ダイオウイカが登場する驚きのストーリーを支えるのは、
ビビットなタッチと不思議な雰囲気の絵。
どこか海外絵本のようなオシャレな感じも漂ってきます。
寒い日には、作中に登場するいかダンスを踊って、ぽっかぽかになるのもオススメです。

作者のザ・キャビンカンパニーさんは、大分在住の絵本ユニット。
1989年生まれの若い才能が紡ぎだす、新感覚の深海魚絵本です。

(木村春子  絵本ナビライター)

だいおういかのいかたろう

出版社からの紹介

湖で凍ってしまった、だいおういかのいかたろう。偶然通りかかったゆめたくんは、いかたろうを助けようとします。いかたろうが踊るイカだんすには、ちゃんと曲もついていて、みんなで一緒に楽しく踊れちゃいます。

ベストレビュー

一緒に楽しめる!

書店で可愛い絵が気になって、手にとって拝見しました。
心も体も温まる絵本で、これは新しい!と思いました。
絵本に出てくる、だいおういかと子ども達のやりとりにも、共感出来ました。ちょうどいい読みやすさだと思うので子どもが大きくなったら、是非一緒に読んで、踊りたいと思います。

(エホン好太郎さん 20代・パパ 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ザ・キャビンカンパニーさんのその他の作品

しんごうきピコリ /  にょっ! / ひげらっぱ / くつしたしろくん / ケチャップれっしゃ / おならくらげ



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

だいおういかのいかたろう

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット