大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
小学館キッズペディア 世界遺産クイズブック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館キッズペディア 世界遺産クイズブック

編: 上田 泰久
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

「小学館キッズペディア 世界遺産クイズブック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月19日
ISBN: 9784092211162

A6判/192ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふしぎ&すごい世界遺産がクイズに!

 世界遺産をテーマに、その面白さや不思議さや素晴らしさを、クイズ形式で子ども達に紹介する本です。
 「世界遺産」ということばを聞いた子ども達が、難しそうだなと敬遠しないように、写真やイラストを絡めたクイズで、楽しく知識を増やしていけるよう配慮した本です。大自然が生み出した雄大な風景や奇妙な光景(自然遺産)、人類が築きあげてきた数々の歴史の記録(文化遺産)、また両者の要素が複雑に絡み合ったもの(複合遺産)などを通じて、魅力にあふれたかけがいのない地球について、子ども達が学び考える最初の機会になるようなクイズブックです。
 巻頭は、2013年に登録されたばかりの最新の世界遺産「富士山」の特集です。富士山がなぜ、自然遺産ではなく文化遺産として登録されたのか、おとなでもまちがえやすい問題も説明します。
 なお、その他の日本国内の世界遺産については全件を紹介します。
 また、海外の世界遺産については、子ども達の視点で不思議さ面白さを感じるような、おもな世界遺産を各地域ごとに紹介していきます。

編集者からのおすすめ情報
小学館では、小中学生向けの世界遺産の本、『世界遺産ふしぎ探検大図鑑』(カラー276ページ)を発行しています。2001年の初版以来、人気も高く順調に重版増刷を続けてきました。クイズブックだけでは物足りないお子さまは、次はこちらをお楽しみください!

ベストレビュー

このしすべて読みたい

11歳のこどもと一緒によみました。娘も私も世界遺産の知識が全くないのですがそれでもみたことのある写真がたくさん載っていてクイズにとっかかりやすかったです。世界遺産のなかでも特に有名なものばかりのっているので初心者むけです。日本世界遺産と世界の世界遺産と分かれて記載されてます。世界も地域ごとに分かれてます。世界遺産がのった図鑑も持っていますが
なかなか世界遺産を図鑑で調べる機会もなく知識も頭に入ってきにくいのですがクイズなので1回読んだだけで覚えれますね。そしてサイズがポケットサイズなので車の中や外出にも携帯しやすいのがいいです!
(マオルーンさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

小学館キッズペディア 世界遺産クイズブック

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット