ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
おはなみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなみ

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: まるやま あやこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784251098726

幼児から
AB判/36ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「サクラこうえん」の真ん中にある立派なサクラの木。満開になり、その美しい姿を見ようと週末土曜日にはたくさんの人々が集まります。
ござを敷いて、みんなでおしゃべりして、美味しいものを食べて。「お花見」はとっても楽しいものですよね。

日曜日の朝、公園に遊びに来たハルトが最初に見たのは、ゴミを片付けているミキとおばあちゃん。
「ミキちゃん、なにやってるの?」「みてのとおり、おそうじよ」
そう、お花見でにぎわった次の日の公園は、あちらこちらにゴミがいっぱいなのです。
ミキの強引な誘いもあって一緒に手伝うことになったハルトですが、人が食べ残したり飲み残したゴミをどうして自分が片付けなきゃいけないのか、不思議でしかありません。きたないのに!
そこでおばあちゃんが言います。
「サクラの花が咲くとみんながお花見をするように、サクラの花も私たちのことをちゃんと見ていると思うの」
サクラのお花だってきれいな公園を見たいに違いない、そう言われると何だか急に景色が変わって見えてきます。夏にはひまわりが、秋にはコスモスが、自分たちを見ている。だったら、やっぱりきれいな景色を毎年見せてあげたい。ハルトは思います。明日も来年もずっとおそうじを続けたい。
「じゃあ、約束しよう!」

サクラとおそうじと二人の素敵な約束。この3つを結びつけてくれたのは、おばあちゃん。
その豊かな感性はこうして子どもたちに、そしてまたその子どもたちにずっと受け継がれていくのでしょうか。すっかりきれいになったサクラの下に座ったハルトとミキとおばあちゃんの表情の清々しいこと!

大きくて優しい眼差しにつつまれた、可愛らしく気持ちのいい絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おはなみ

出版社からの紹介

大きなサクラの木がある公園の春は、お花見でにぎやか。日曜日の朝、ハルトは花見のゴミをかたづけているミキとおばあさんに会います。「人の出したゴミをかたづけるの?」と不思議がるハルトにおばあさんは、「人がサクラを見ているだけじゃなく、サクラも人を見ていると思う」と答えます。その言葉でハルトもそうじを手伝い始め……。お花見を通じて、人が環境の一部であり、環境を作っていることについて考えさせられる絵本です。

ベストレビュー

道徳的な要素ある絵本!

親である大人の私が読ませていただきました。
最後の展開(絵本が開いているページ〜)ひねりがあっていいですね!
幼稚園児くらいの子供は純粋な気持ちのまま,この絵本から道徳的なことを学べると思います!
お花見に出かけたら自分のゴミは自分で持ち帰る,当たり前のマナーが実際にはできていない現状もありますから,大人も考えなければいけないですね。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

おにぼう / 「ごめんなさい」が いっぱい / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / みてろよ!父ちゃん!! / 三年一組、春野先生!三週間だけのミラクルティーチャー / ニコニコ・ウイルス

まるやま あやこさんのその他の作品

さきちゃんのくつ / そっと / ゆきのひのいえで / おかしのくにのバレリーナ / ひとりでおとまり / わたしのくつ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

おはなみ

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット