しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
よわむしカエル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よわむしカエル

  • 絵本
文: 花冬 けい子
絵: かわいち ともこ
出版社: 文芸社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月05日
ISBN: 9784286145631

B5変上/24ページ

出版社からの紹介

「わるいけど、きみを食べてもいい? ぼくね、たくさん食べて、もうすぐ冬眠しなくちゃいけないんだ」(本文より)──よわむしなカエルには、生きている虫をとって食べるなんて、できませんでした。しだいにやせほそるカエルは冬を迎え、ある決断をします。「いのち」と「食べること」について考える絵本。2013年、文芸社出版文化振興基金事務局主催「第4回えほん大賞」大賞受賞作品。

ベストレビュー

命の大切さを感じ取ることのできる絵本です

8歳の息子が泣きました。
生きている虫をたべることのできない「よわむしカエル」。そしてそのカエルに自分はこれまでたくさんの命をうばってきたということに気づかされた「ヘビ」。これ以上命をうばいたくない2匹だけど、冬をこすためには食べないといけない。
命あるものを食べて命をつなぐということ。
口ではなかなかうまく説明できないことをこの絵本は分かりやすく教えてくれました。
(ももたろうさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子6歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

よわむしカエル

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット