いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
小さなたね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さなたね

  • 絵本
作: ボニー・クリステンセン
訳: 渋谷 弘子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784378041377

小学校低〜
29×22cm 32ページ

出版社からの紹介

ふたりの子どもが、共同菜園にニンジン、トマト、エンドウマメなど、いろんな種をまき、水やりをしたり草取りをしたり、世話をします。そして、待って待って……うれしい収穫。とれた作物を近所の人たちとおいしく食べます。
……作物を育てる楽しさと収穫の喜びが、絵のすみずみまであふれる絵本です。

ベストレビュー

自然の恵みに感謝

二人の子供が種をまき、水をやり、収穫し、それを料理して食べる、そしてまた種をまく。というシンプルなストーリー。
土の感触、芽が出たときの感激、開花、収穫の喜び、そして皆で食べたときの美味しさ。
自然と共に生きること、自然への感謝を感じます。
自分の食べているものがどこから、どのようにしてきているのか、わかりにくくなっている現代ですが、時には自分の食べているものについて考えてみるのも必要ですね。
初めのページに、実の絵と種の写真、最後のページに植物を育てるときのポイントなどが書いてあります。

春が来たら、種をまいてみようかなと思いました。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ボニー・クリステンセンさんのその他の作品

わたしはガリレオ

渋谷 弘子さんのその他の作品

君の話をきかせてアーメル / テレビを発明した少年 ファイロウ・ファーンズワース物語 / トマス・ジェファソン本を愛し、集めた人 / お話きかせてクリストフ / ジェドおじさんはとこやさん / マイケル・ジョーダン バスケの神様の少年時代



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

小さなたね

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット