しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
パパのところへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパのところへ

  • 絵本
文: ローレンス・シメル
絵: アルバ・マリーナ・リベラ
訳: 宇野 和美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月30日
ISBN: 9784001112436

小学1・2年から
21×23.5cm/40ページ

みどころ

「わたしは日曜日が大好き、だってパパから電話がかかってくるから。」
外国に働きにいっているパパとはなかなか会えない。だから、その日あったことを書いてあるノートを送ってあげたら1年をプレゼントされたみたいだって、パパは喜んだ。今はまた別のノートに書いているんだ。
日曜日の朝は、ママとおばあちゃんと犬のキケがキッチンに揃ってパパの電話を待っている。
やっと電話がなった!!
まちに待ったパパからの電話。ママとおばあちゃんが話し終わるのを待って、大急ぎでパパに大好きだと伝える。だけど、今日はパパから思いがけない言葉があった。
「こっちへ来て、いっしょにくらさないか?」

大好きなパパに会えることになったけど、知らないところに行くのはこわい。
パパと一緒に暮らせるのは嬉しいけれど、みんなと別れるのは・・・。
その瞬間から揺れ始める女の子の素直な心を、作者のシメルは丁寧に描き出します。
実際に同じ立場だったら、どんな気持ちになるんだろう。
出発の支度をしながらおばあちゃん、キケ、そして友達のロシオと静かに別れをかわしていく彼女の行動を追いながら、読んでいる子どもたちもまるで自分のことのように想像をするのでしょう。
そして大人は、どんな時だって自分に素直に物事をしっかりと考えている子どもの姿を見るのでしょう。

お互いに支え合う家族の様子を、うつくしい壁画のようなタッチで描いているリベラによる絵もとても魅力的です。ラテンアメリカの風景や主人公がノートに描いた絵も織り混ざり、彼女の豊かな表情と共に、この作品をとても奥行きの深いものにしています。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

パパのところへ

出版社からの紹介

外国にはたらきに行っていて、なかなか会えないパパ。いつも楽しみにしている日曜日の電話。ところがそのパパから、「こっちへ来て、いっしょにくらさないか?」といわれ、子どもの心は揺れはじめます。パパに会えるのは、うれしい。でも知らないところへ行くのはこわい。友だちはできるかな。おばあちゃんと、はなれたくない――。 シメルによる文は、子どもの心の動きをみごとにすくい上げていて、強く心にひびいてきます。ラテンアメリカの風景を描きこんだ、リベラによるうつくしい壁画のようなタッチの絵も見応え充分。

ベストレビュー

女の子の心理描写が素晴らしい

海外に働きに出ている父親と、女の子の心のコミュニケーションが見事に描かれています。
その子に、一緒に暮らそうと電話してきた父親。
父親のところへ行ける期待と、今の暮らしから別れる寂しさ。
多感な年頃の行動の滑稽さも加わって、ちょっとホロリとしてしまいました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宇野 和美さんのその他の作品

ちっちゃいさん / だいじょうぶカバくん / うるわしのグリセルダひめ / かぞくのヒミツ / ふたりは世界一! / ボンバストゥス博士の世にも不思議な植物図鑑



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

パパのところへ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット