くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
よくばりなカササギ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よくばりなカササギ

  • 絵本
文: I.C.スプリングマン
絵: ブライアン・リーズ
訳: どいあきふみ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月14日
ISBN: 9784198637613

5歳から

出版社からの紹介

カササギが、友だちのネズミから、ビー玉をひとつもらいました。「ほかにもほしいな」「もっとほしいよ」と、カササギは、いろんなものを、どんどんあつめはじめます。ところが、よくばりすぎて、巣がこわれてしまい…? モノをあつめつづけるカササギと、かしこくて友だち思いのネズミのお話。モノがあふれている時代に、本当に大切なものはなにかを問いかける一冊。

ベストレビュー

シンプルだけどメッセージ力が強い

大人とこどもと両方に読み聞かせたい作品です。
文章がとてもシンプルですが 絵は力強く 作品に込められたメセージがじわじわと感じられます。 
なぜカササギは物を集めるのか?
その理由はどこにも書いてありません。
でも、何かを理由もなく集めたくなる気持ちは とても共感できます。
そして、集めすぎて困った気持ちも・・・
大人は考えさせられる作品です。

翻訳者がトムズボックスの土井章史さんというところも注目です。
(nottyさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブライアン・リーズさんのその他の作品

コウモリとしょかんへいく / コウモリうみへいく



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

よくばりなカササギ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット