おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
町工場のものづくりー生きて、働いて、考えるー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

町工場のものづくりー生きて、働いて、考えるー

  • 児童書
著: 小関 智弘
出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784879814869

A5判 144ページ カラー口絵付 本文モノクロ ハードカバー

出版社からの紹介

現代の子どもたちは、受験も恋愛もすべてがマニュアル化され、実体験を通して自分自身で考えることが少なくなってきていると言われています。日本のものづくりのすごさを紹介しながら、自らの頭で考え、工夫することの大切さと、そうすることによってこそ見えてくる働きがいについて、熱く語ります。

第1章 世界が驚く日本のものづくり
   1 惑星探査機はやぶさの成功
   2 町工場 ――縁の下の力持ち――
   3 新幹線も瀬戸大橋も
   4 痛くない注射針
   5 目の不自由な人でも絵が描ける筆ペンとは
第2章 わたしの修業時代
   1 雑用という名の仕事はない
   2 おれとお前の髪の毛、どっちが太いか
   3 「機械にニンベンをつけろ」とは
   4 第二の修業、鉄から学ぶ
第3章 一流のものづくりから学ぶ
   1 だれのためのスプーンか
   2 あっと驚く缶のふた
   3 砲丸の不思議
第4章 働く人の心と暮らし
   1 腕さえよければいいのか
   2 ロボットにはなるまい
   3 楽な仕事と楽しい仕事
第5章 これからの日本を生きる君たちへ
   1 働きかたを変える
   2 名工たちから学ぶこと

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

町工場のものづくりー生きて、働いて、考えるー

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット