貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
セイウチぼうや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

セイウチぼうや

  • 絵本
作: あべ 弘士
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月28日
ISBN: 9784591137475

2歳〜5歳
22.7×22.5cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

長い牙に大きな体、ひれ状の足の海の動物、セイウチ。セイウチたちはどんな親子の時間を過ごしているんでしょうか。海鳥になった気分でちょっとのぞいてみましょう。

ここは静かな北極の海。狭い氷の上でかあさんセイウチがお昼寝中です。ぼうやが話しかけても、かあさんは寝ながら生返事。ぼうやが「おさないで、おちそうだよ」といっても「はい、グー」、「もうすこし そっちいって」と言っても「はいはい グーグー」。スヤピーむにゃむにゃ。ぼうやがおなかをのりこえたって、ねぼけたまんま。
そしてそのうち、ぼうやのまぶたも重くなってきて・・・。

あべ弘士さんが北極で実際に見たセイウチ親子を描いた、「おひるね絵本」の第2弾。
かあさんとぼうやのやりとりに思わず笑いがこぼれます。この感じ、何だか憶えがあるような?
人間も動物も一緒だな、親子でお昼寝っていいな、純粋にそんなことを思ってしまいます。
かあさんセイウチのドテーーッとした寝姿と、そこにちょこちょこまとわりつくぼうや。なんて平和で幸せな光景なんでしょう。眺めているだけで、どんどん気持ちがゆるんでいって、読んでいる私たちもいつのまにかあくびが・・・。
お昼寝前に、ゆったりと親子で読みたい絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ここは静かでつめたい北極の海。セイウチのぼうやが、かあさんを探しています。やっとみつけたかあさんは、ちっちゃな氷の上でおひるね。さあ、ぼうやもいっしょにおひるねできるかな? 「ひるねのね」につづき、あべ弘士が描く「おひるねえほん」第2弾!

ベストレビュー

夏のおひるねに

セイウチぼうやとお母さんとのやりとりが、ほのぼのとおもしろいです。
よみおわるころには、なんだか眠たくなります。
北極だけに、海やこおりとすずやかな雰囲気もつたわってくるので、暑い日にのんびり読みたいと思いました。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

大造じいさんとがん / 手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

セイウチぼうや

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット