雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
あらしなんてへっちゃら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あらしなんてへっちゃら

作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「あらしなんてへっちゃら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月

3〜4〜5才向き
ちいさなかがくのとも 2005年10月号

出版社からの紹介

「あらしがくるんだってさ。どこからくるのかな?」。いろいろな形の雲がびゅんびゅん流れていきます。だんだん風が強くなってきて、大粒の雨が降り始めました。いつもとちがう空の様子にわくわくしているうちに、ピューッ ヒューウ ザバーッ バシャバシャ、あらしが大あばれ。

ベストレビュー

メリハリがあります!

娘が1歳5ヶ月の頃から読んでいます。
当初からお気に入りの絵本のひとつです。

空の雲が曇ってきて、雨が降りだし、本格的な嵐になります。
やがて雨もやみ、青空が戻ってきて、嵐一過となります。
この様子を子どもの目線からとらえられています。

話にメリハリがあり、状況の変化が分かりやすいところが良いようです。
擬音がたくさん出てくるので読みやすいです。

娘は雨が降ると「あらしだ!!あらしがきたんだ!」と喜びます。
子どもなりにドキドキするようです。

(モモメロンさん 30代・ママ 女の子2歳)

出版社おすすめ


さとう わきこさんのその他の作品

ばばばあちゃんの クリスマスかざり / あめのち ゆうやけ せんたくかあちゃん / うみのおまつりどどんとせ / 復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい / のいちごつみ ばばばあちゃんのおはなし / ばばばあちゃんのおりょうりセット(全6巻セット)



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

あらしなんてへっちゃら

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット