なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねんにいちどのおきゃくさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねんにいちどのおきゃくさま

  • 絵本
作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784894232662

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「さびしくないよ。ぼくがまってるから」小さなオコジョのタッチィは,たった一人でクリスマスの準備をはじめます。

ベストレビュー

静かで暖かなクリスマス

静かなお話なのですが、絵本全体に優しさがあふれています。山に住むタッチィは年に一度トムサおじさんと、その孫のヤーコブとともに過ごすクリスマスの一日が大好きでした。甘いお菓子にキラキラ輝くツリー。派手ではないけれど、暖かそうな部屋の様子が、れんがの色や暖色を用いて、効果的に表現されています。
 でもその次の年、おじいさんは町に住むことになり、タッチィはひとり山に残されてしまいます。もうすぐクリスマスがやってくる、ねんにいちどのおきゃくさまがやってくる‥
、気が気でなくなったタッチィはおじいさんを探しに町へと向かいます。
 静か過ぎる冬の山道、小さいタッチィと比べて大きすぎる町。タッチィのためいきが絵の中から聞こえてきそうです。結局おじいさんを見つけられなかったけれど、タッチィはひとりでケーキやろうそく、マッチを山まで運びます。おじいさんの代わりに、ヤーコブのためにクリスマスのしたくをするために。
 そして、そこにヤーコブがやってきて‥‥、ラストは心がほっと暖かくなります。
 お話もとても優しいのですが、私はこの本の絵がとても好きです。絵からタッチィの楽しい気持ち、寂しい気持ち、悲しい気持ちが聞こえてくるような絵本なのです。すごくドラマチックな展開があるわけではないのですが、娘たちも何度も読み返しています。大好きな絵本です。
(すずらんぷさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


亀岡 亜希子さんのその他の作品

ホテルやまのなか小学校 / わすれものをとどけに / さいこうのスパイス / あしたもきっとチョウ日和 / ネルとマリのたからもの / どんぐりのき



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

ねんにいちどのおきゃくさま

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット