雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
おじいちゃんと森へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんと森へ

  • 絵本
作: ダグラス・ウッド
絵: P.J.リンチ
訳: 加藤則芳
出版社: 平凡社

本体価格: ¥1,800 +税

「おじいちゃんと森へ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784582831962

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

こんなおじいちゃんがいるのは誇りですね

おじいちゃんと散歩するのが大好きだった ぼく
おじいちゃんは 高くのびる木を見て  「天に向かってのびる木も天国までは届かないんだ。天国に届くのは お祈りだけなんだよ」というのです

祈り 
自然の岩や石も祈りをしていると言うのです
おじいさんが 自然を崇拝していて、祈りの大切さを孫に伝えるのです

風や花にも祈りを感じます  もの静かに話す言葉の重みを感じました

私たち人間は自然の中で生きています。

その自然の営みをこんなふうに感じて生きることの素晴らしさ
子どもにはなかなか伝わらないかもしれませんが・・・・

人に教えられた言葉でお祈りするのではなくて、自分自身の言葉を見つける事の大切さ説いています

おじいちゃんはある日亡くなるのです。  その時の哀しみ 
深い悲しみに涙するのですが・・・・・
時がたち 成長した ぼくは おじいさんの話してくれた事が自分自身の言葉で知ることができたのです

おじいちゃん 「ありがとう」

深いお話しでした   こんなおじいさんがいたらいいなあと思いました 絵も素晴らしかったです!  
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

ダグラス・ウッドさんのその他の作品

よめたよ、リトル先生

加藤則芳さんのその他の作品

ロングトレイルを歩く



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

おじいちゃんと森へ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット