新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
一休

一休

  • 絵本
作: 高田 桂子
絵: 大野俊明
出版社: アートデイズ

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784900708518

28.2 x 22.4 x 1.2 cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

十四世紀末京都の生まれ。父は後小松天皇といわれる。母は伊予局。幼名、千菊丸。
  六歳の年に京都安国寺の像 外和尚のもとで、禅僧になるべく修行を始める。名を周建。このころ、一休はとんち小僧として評判をとり、数々の逸話を残す。十七歳で西金寺の謙翁に師事し、宗純と改名する。二十二歳、近江の国(滋賀県)の禅興庵(現在の祥瑞寺)の華叟の門弟となり、厳しい修行を続 け、二十五歳の時、華叟から一休という号をさずかる。
  室町時代の禅宗の坊主として有名な「一休さん」は、活き仏ともいわれ、人々から尊敬され親しまれた。南北朝時代から戦国時代にかけて、乱世を生きた「一休宗純」 は、風狂な坊さんであった。1481年、酬恩庵(一休寺)にて八十八歳の生涯を閉じる。

ベストレビュー

伝記絵本

一休さんというと様々なエピソードで、とてもユーモアたっぷりの和尚さんのイメージがありますが、この絵本は実在した一休和尚の生い立ち、時代背景をリアルに描きながら、人間として描いています。
そのためとんちの利いたエピソードも空言ではなく、一休さんの人となりを印象づけるものとして取り入れられています。
外国人向けの味わいがある絵本です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高田 桂子さんのその他の作品

はっぱのゆうびんやさん / こめかくし / あしたもきっとチョウ日和 / すがたかえ / つのかくし / かみかくし



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

一休

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット