オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
レイラさん 50代・ママ

石パロディ
『ワタナベさん』がなかなか衝撃的だった…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
三びきのこぶた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三びきのこぶた

  • 絵本
作: (イギリス昔話)
絵: 山田 三郎
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年04月
ISBN: 9784834000979

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

3〜4歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

貧しいこぶたの3兄弟が、それぞれの家を作ることになりました。最初のこぶたはワラで、2番目のこぶたは木の枝で家を作りました。しかし、オオカミがやってきて2つの家はふきとばされ、2匹のこぶたは食べられてしまいます。3番目のこぶたはレンガで家を作りました。レンガは重くて丈夫なので、オオカミがきてもへっちゃらです。さらに3番目のこぶたは、知恵をしぼってオオカミを退治しようと考えます。オオカミ退治はうまくいくのでしょうか?

三びきのこぶた

ベストレビュー

リアルで残酷?いいえ、そうでもありません

数ある「さんびきのこぶた」の中でこの本が一番読みがいがあり、子供の反応が楽しいです。他の本では、狼におそわれてわらの家、木の家がこわされ、最後にかしこい弟のレンガの家でちえを使って狼を退治する。最後は狼は逃げていくという展開。しかし、この本は何と、狼を食べてしまう。子供たちの反応はというと、幼い子供ほど、「食べてしまう」という事実をさらっと受け流し、あまり最後の展開を残酷とは感じないようです。大きい子供になると、「昔読んだ物と違う」とか「狼がかわいそうだ」「ぶた、こわい」などといろんな反応があります。しかし、この本のように、悪いものは悪い。悪いものは徹底的にやっつけるという展開があってもいいのではないかと感じます。絵本の中ですっきりとした感情になることもいい経験だと思います。
(ねこちんさん 30代・せんせい 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


(イギリス昔話)さんのその他の作品

ちいさいちいさいおばあさん / 大型絵本 三びきのこぶた / 三びきのこぶた イギリスの昔話 / ジャックと豆の木 / せかい童話図書館(34) ジャックとまめのき / せかい童話図書館(30) 三びきのこぶた

山田 三郎さんのその他の作品

3びきのこぶた / ながいながいペンギンの話 / ちびっこカムのぼうけん / きつねとねずみ / かもときつね

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

三びきのこぶた

みんなの声(91人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット