ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
はるさんがきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるさんがきた

  • 絵本
作: 越智のりこ
絵: 出久根 育
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「はるさんがきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年
ISBN: 9784790251033

4歳児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

冬。雪は私たちにさまざまな表情を見せてくれます。空から舞い降りてきたばかりの雪、降りつもる雪、そんな雪たちの会話を聞いてみたいと思いませんか。この絵本を開いてみてください。今年の雪が、きっと、いっそう美しく、いっそう親しみ深く思えるでしょう。

ベストレビュー

珍しい視点からの春の訪れ

5歳の息子に読んでやりました。「春のおとずれ」の絵本ではありますが、少々異なる視点からなので、まるで詩のようできれいです。春のおとずれの絵本はいくつか見ましたが、決まって地上のものばかり。こちらは、雪を題材に雪が探す春。息子はどの程度このきれいな詩を理解したのかはわかりませんが、きれいだねとだけ伝えてみました。たまたま今日雪が降っていたので、雪自体にひあ馴染みはあるのですが、それがつもりつもるような環境ではないので、実感はちょっとなかったかな。

詩のような、でも小難しくない春のおとずれの絵本を読んであげたいとおもったかたにはおすすめです。
(minatsuさん 40代・ママ 男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


越智のりこさんのその他の作品

ウポポ ウポポポ ポタージュスープ

出久根 育さんのその他の作品

岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / トロルとにひきのいたずらこやぎ / あめふらし / にひきのいたずらこやぎ / クレヨンマジック



ねえ、「コワイ」って、もってる?

はるさんがきた

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット