もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
マウルスと三びきのヤギ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウルスと三びきのヤギ

  • 絵本
作・絵: アロイス・カリジェ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年
ISBN: 9784001105568

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヤギ飼いの少年マウルスは,ある日,シュチーナおばさんの3びきのヤギを連れて山へ行きました.ところが,いたずらヤギたちがまいごになってしまいます.スイスの山の子どもの素朴な生活.

ベストレビュー

アルプスをこよなく愛したカリジェ

 表紙の絵を見て、「この子、ユキちゃんみたい」と言って、ベッドサイドに飾ってあるハイジのヤギの“ユキちゃん”のぬいぐるみを、白いヤギの横に並べていました。
 三匹のヤギの名前が、「シロ、アカ、チビ」と、見たまんまで(!)、単純だね、と笑った後、ページをめくるごとに増えていくヤギたちを見ながら、「もじゃすけ」はどれか、「星」はどれかと、それぞれ名前と結び付けていました。

 ふもとにあるヤギたちの水飲み場の風景が、ハイジの村のマイエンフェルトとそっくりで、ヨーロッパ留学中に訪れた懐かしい思い出が蘇ってきました。
 カリジェの絵は、その1枚1枚に、アルプスの自然をこよなく愛した彼女の心が表れていて、どの季節の風景からも、動物たちの表情からも、喜びが伝わってきます。
眺めているだけで、しあわせになれる・・・そんな絵本です。


(ガーリャさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アロイス・カリジェさんのその他の作品

ウルスリのすず / 大雪 / ナシの木とシラカバとメギの木 / マウルスとマドライナ / フルリーナと山の鳥 / アルプスのきょうだい

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > マウルスと三びきのヤギ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

マウルスと三びきのヤギ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット