モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
マウルスと三びきのヤギ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウルスと三びきのヤギ

  • 絵本
作・絵: アロイス・カリジェ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年
ISBN: 9784001105568

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヤギ飼いの少年マウルスは,ある日,シュチーナおばさんの3びきのヤギを連れて山へ行きました.ところが,いたずらヤギたちがまいごになってしまいます.スイスの山の子どもの素朴な生活.

ベストレビュー

アルプスをこよなく愛したカリジェ

 表紙の絵を見て、「この子、ユキちゃんみたい」と言って、ベッドサイドに飾ってあるハイジのヤギの“ユキちゃん”のぬいぐるみを、白いヤギの横に並べていました。
 三匹のヤギの名前が、「シロ、アカ、チビ」と、見たまんまで(!)、単純だね、と笑った後、ページをめくるごとに増えていくヤギたちを見ながら、「もじゃすけ」はどれか、「星」はどれかと、それぞれ名前と結び付けていました。

 ふもとにあるヤギたちの水飲み場の風景が、ハイジの村のマイエンフェルトとそっくりで、ヨーロッパ留学中に訪れた懐かしい思い出が蘇ってきました。
 カリジェの絵は、その1枚1枚に、アルプスの自然をこよなく愛した彼女の心が表れていて、どの季節の風景からも、動物たちの表情からも、喜びが伝わってきます。
眺めているだけで、しあわせになれる・・・そんな絵本です。


(ガーリャさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アロイス・カリジェさんのその他の作品

ナシの木とシラカバとメギの木 / マウルスとマドライナ / フルリーナと山の鳥 / ウルスリのすず / 大雪 / アルプスのきょうだい

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

マウルスと三びきのヤギ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71




全ページためしよみ
年齢別絵本セット