ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
赤ちゃんと話そう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤ちゃんと話そう

作・絵: のぶみ
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥700 +税

「赤ちゃんと話そう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784072387535

3ヶ月から

出版社からの紹介

「まだうまく話せない赤ちゃんとの楽しいコミニュケーション術を知ってる? ジェスチャーをつけて話しかけていると、まだおしゃべりできない赤ちゃんでも、身振り手振りで自分の意志を伝えようとするようになってくることがあるのです。こちらの身振りに、たどたどしく応えてくれたりしたら、きっと、周りの大人たちは感激して、育児がもっと楽しくなるよね。ぼくが、読んで楽しく、生活の中で繰り返すともっと楽しくなるサインを考えて、赤ちゃんと楽しめる絵本にしました。1度読めば、赤ちゃんが喜ぶことがわかるはず。むずかしくないから、ぜひ試してみて!」
(作者・のぶみより)

ベストレビュー

初めてのベビーサイン

子供がまだ6ヶ月くらいの時に購入した絵本。
おそらく初めての絵本だったと思います。
この絵本の中で行われているベビーサインを、実際に毎日続けながら、絵本も読み聞かせていたら、「おっぱい」とか「おいしい」を覚えてくれました。
ベビーサインをとても身近に感じさせてくれる絵本だと思います。
また、絵本の「もぐもぐ ごっくん」の繰り返しのリズムも可愛らしくて、今でもご飯を食べる時に止まってしまった子供にはこう語りかけてしまうほどです。
(しん(∂∂)さん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のぶみさんのその他の作品

ぼく、仮面ライダーになる! エグゼイド編 / いのちのはな / サンタパスポート / ママがおばけになっちゃった! スペシャルシールブック / さよなら ママがおばけになっちゃった! / うんこちゃんようちえんへいく



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

赤ちゃんと話そう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット