しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ゴリラとあかいぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴリラとあかいぼうし

作: 山極 寿一
絵: ダヴィッド・ビシームワ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゴリラとあかいぼうし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年06月
ISBN: 9784834018493

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 アフリカ・コンゴの森の中。朝早く、きのこ摘みをした少年の一人が、自分の赤い帽子を落として行ってしまいます。さて、森に朝日がさし始め、ゴリラたちが目を覚ましました。一匹の子供ゴリラがさっそく赤い帽子を見つけ頭にかぶってみます。そこにほかのゴリラたちもやってきて、帽子の取り合いが始まりました……。

ゴリラとあかいぼうし

みどころ

 長年アフリカの森でゴリラを研究している霊長類専門家がゴリラ語を取り入れて書いた絵本。朝起きてから一日を終えるまでのゴリラたちの生活ぶりが、赤い帽子をめぐる出来事を通して丁寧に描かれます。
 表紙を始め、森の色「緑」が印象的な作品です。見開きページ上下に施された緑色の鮮やかな縁どりが森林の存在をさらに強調し、赤い帽子を引き立たせています。「ぐっ ぐうううむ」「ぐふぐふっ ぐごっ」などゴリラ語だけで表されたページは、ゴリラたちが何を言おうとしているのか想像力がおのずと働き楽しめますよ。
 コンゴの豊かな自然の中で営まれる野生ゴリラと人間たちの生活ぶりは、懐かしさにも似た余韻を残します。素朴な水彩画が温もりを加味しているともいえるでしょう。野生との共存が、この一冊でグッと身近になりそうです。巻末にゴリラ語の解説と、歌『ゴリラとあそぼう』が楽譜付きで紹介されています。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

 アフリカ・コンゴの森。朝日がさして、ゴリラたちは目をさましました。こどもゴリラが地面に落ちた赤い帽子を見つけて、「こっこっこ こっこっこ」と、帽子を頭にかぶってみました。すると、ほかのこどもゴリラがやってきて、「ぐふぐふぐごっ ぐふぐふっぐごっ」帽子を取り合いました。お父さんゴリラが傍でじっと見ています。「ぐっぐふうううむ ぐっぐふうううむ」こどもゴリラたちに何をいっているのかな。
 一方、朝早く森でキノコをとってきて、帽子をなくした男の子はお父さんに叱られました。男の子は泣きながら、仲間たちといっしょに帽子を捜しにもう一度森に入りました・・・・・・。
 ゴリラなどの野生動物とともに生きるアフリカのこどもたちの日常生活を描いた絵本。コンゴの画家が絵を描き、文は長年アフリカの森でゴリラを研究している霊長類専門家がゴリラ語を取り入れて書きました。
 最後のページにコンゴの童謡に基づいて編曲した「ゴリラとあそぼう」という歌もつけました。画期的な絵本です。

福音館書店のホームページでは「ゴリラとあそぼう」の歌を聞くことができます。

ベストレビュー

ゴリラとコンゴの人達の暮らしが伝わります

ゴリラはとても穏やかで、美しい生き物です。
そのゴリラを愛する霊長類学者、山極寿一さんの絵本です。
挿絵を描くのはコンゴの画家、ダヴィッド・ビシームワさん
丁寧に描かれた絵がとても素敵です。

朝早く森にきのこを採りに行った男の子が落とした赤い帽子と
それを拾ったゴリラのこども、
帽子ははたしてどうなるのでしょう?

ゴリラ達の一日の様子、
その森の側で暮らすコンゴの人たちの暮らしぶり
それらがリアルに伝わってきて
私達大人も色々感じる事ができる本だと思います

勿論子供もゴリラ達に興味津々
息子はゴリラ語になると、楽しそうに一緒に
『こっこっこ』や『ふぬふぬふぬ』などと言っています
そして、『ばうあああああ』で『こわ〜い』と隠れます
ちゃーんとゴリラ語、伝わってます!

今度動物園に行ったなら
『ぐっ ぐうぅぅむ』と挨拶しましょうか
(rittaさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山極 寿一さんのその他の作品

講談社の動く図鑑 MOVE 動物 新訂版 / ゴリラが胸をたたくわけ / 野生のゴリラと再会する 二十六年前のわたしを覚えていたタイタスの物語 / 講談社の動く図鑑 MOVE(既刊4巻セット) / ゴリラ図鑑 / お父さんゴリラは遊園地



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ゴリラとあかいぼうし

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット