キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
虹の橋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

虹の橋

作: 湯川れい子
絵: 半井馨
出版社: 宙出版

本体価格: ¥1,400 +税

「虹の橋」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

大切な家族の本

去年実家で13年飼っていて大切な家族の一員だったワンちゃんが亡くなりました。

まだ小さい我が子は小さい心で一生懸命考えて「死」というものを受け止めようとしていましたが、やはりもう二度と会えないと知るととても心を痛めて泣いていました。

そんな時主人の妹が少しでも子供達の力になればとこの本をプレゼントしてくれました。

毎回読み聞かせの時はいつもウキウキしながら聞いているのに、この本を読んでいる時は二人ともじっと黙って真剣に話しに耳を傾けていました。

そして読み終わって娘が一言、「そっかぁ、○○ちゃん(ワンちゃんの名)は死んじゃってもう会えないんじゃなくて、虹の橋で○○(娘の名)を待ってるんだね」とポツリと言いました。

あんなに泣いていた娘の心を180度ひっくり返して、一瞬にして明るさを取り戻させたこの本はスゴイと思います。今では身近な誰かが亡くなってもきっと虹の橋でまた会えるんだと、前向きに受け止められるようになりました。

親しい人や身近な誰かとさよならするのはとても悲しい事だけど、命あるからこそ大切な誰かを大切に出来る心を養ってくれたらなと思います。
(ももいろのくまさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

虹の橋

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット